5日、環球時報は中国人に最も多いがんについて伝えた。写真は上海市。

写真拡大

2016年4月5日、環球時報は中国人に最も多いがんについて伝えた。

中国でがんはこの50年間で急速に広まった病気の一つだ。中国人に最も多いがんは肺がんで、米ハーバード大学公衆衛生学院の報告書では、今後30年間に1800万人が肺がんで死亡するとされている。これは、1分間に1人が肺がんで死亡する計算だ。しかし、中国がん基金会の支修益(ジー・シウイー)教授は「肺がんは最も予防しやすいがんだ」と語る。たばこを控える、室内の風通しを良くする、外出時にはマスクを着用する、リフォームには環境に優しい素材を使用する、などに気をつけるだけで効果があるそうだ。

また、子どもに多いのが血液のがんと言われる白血病だ。中国抗がん協会の張広超(ジャン・グアンチャオ)教授は、「近親婚や建築資材の汚染が、子どもの白血病の主な原因だ」と指摘。そのほかにも、両親の喫煙や頻繁に自動車に乗ることも原因の一つに数えられるという。そして、最も“中国の特色”を有しているのが肝臓がんだ。中国は世界で最もB型肝炎患者が多く、1億4000万人いるとも言われている。

中国でがん発症率が最も高い都市は上海市で、特に女性患者は20年前の2倍となる1%にまで増加している。支教授はその原因について、「都市が発展すればするほど環境汚染がひどくなることや、人々の生活のリズムが変わることでストレスが増大することが関係している」と説明している。(翻訳・編集/北田)