Uberが進める「退役軍人ドライヴァー」採用

写真拡大

配車サーヴィスのウーバー(Uber)は、退役軍人のセカンドキャリアとしてプログラム「Uber MILITARY」を発表し、5万人以上の軍隊経験者をドライヴァーとして採用することを発表した。

常に魅力的に映るよう振る舞えば「世界で最も価値あるスタートアップ」という称号を得られるわけではない。しかし、ウーバーは、これを示すのに躍起になっている。

「Uberが進める「退役軍人ドライヴァー」採用」の写真・リンク付きの記事はこちら

関連記事:UberやLyftが、いま直面する危機

ウーバーは4月7日(米国時間)、退役軍人とその家族のためのプログラム「Uber MILITARY」で5万人超のアメリカ退役軍人をドライヴァーとして採用すると発表した。また、退役軍人やその家族を支援する団体に100万ドルを寄付したことも明らかにした。

「Uberなら、好きな時に働けばオンデマンドで収入を得ることができます。アプリをオンにすれば収入が入り、何か用事があるときはアプリをオフにすればいい」と、Uberのシニア・ヴァイスプレジデントのエミル・マイケルは言う。

Uber MILITARYは2014年9月にローンチしている。マイケル氏は2009〜11年にかけて前国防長官ロバート・ゲーツの特別補佐官として、アフガニスタンやイラク、パキスタンなど、世界各国を駆け巡った経験がある。

ヴェテラン退役軍人の懸念は、任務を終えたあとで市民生活のコミュニティーに再び溶け込めるかという問題だと彼は語る。そして、安定した常勤の仕事に就くまでの間、「Uber」のドライヴァーのような、柔軟性のあるオプションが必要だと感じていたという。

ウーバーには、近い将来優先して取り組む課題があるとマイケル氏は言う。2020年までには軍隊経験者への支払い規模を約5億ドルへと伸ばすほか、軍事施設への積極的なアクセスや退役軍人向けの特別待遇プログラムの実施などが検討されている。

サンフランシスコ湾岸地区でUberのドライヴァーとして2年間働いているロバート・イサーク・ジュニアは、軍隊での経験を乗客と気軽に話せることができ驚いていると言う。通常の日常生活では、軍のことを話題にするのが難しいのが実情だ。

「退役軍人にとって、軍での経験の話をすることほど幸せなことはないのです」と、サンフランシスコのウーバー本社で行われたインタヴューのなかでイサーク氏は語る。「[一般の人との間には]ある種の断絶された“壁”があることはわかっています。わたしたちはそれを埋めたいのです。わたしたちも同じ普通の人間です。少し変わった仕事をしていただけなのです」