左から高田里穂、峯岸みなみ、泉はる

写真拡大

AKB48の峯岸みなみの初主演映画『女子高』が4月9日に公開となり、シネマート新宿で行われた初日舞台挨拶に、峯岸をはじめ、高田里穂、泉はる、中山絵梨奈、北山詩織、寒川綾奈、潮美華、冨手麻妙、山本浩貴監督ら総勢9名が登壇した。

[動画]映画初主演の峯岸みなみ、女優業で前田敦子・大島優子超えに意欲!

本作は高校時代の仲良し6人組が、卒業から7年後の深夜に廃校に集まり同窓会。学生時代の思い出話に花を咲かすも、突然教室の電気が消え、一発の銃声が鳴り響き、再び電気がつくと1人の同級生が胸から血を流し倒れていたことからはじまる本格ミステリーだ。

主人公の高橋香月役を演じた峯岸は「私たちが一生懸命取り組んだ作品が、みなさんの心に響いていなければ私たちの努力が報われていないということなので、この『女子高』をもって努力は必ず報われるということを証明したい(笑)」と挨拶。

AKB同期の高橋みなみの「努力は必ず報われる」という名言を引用して話すと、物語の鍵を握る転校生の橘美冬役を演じた高田も前田敦子の名言を引用し「美冬のことは嫌いでも高田里穂のことは嫌いにならないで」と述べ、会場は爆笑の渦に!

また、卒業から7年後という物語設定になぞらえ、自身の7年前に忠告するならというお題に対し「反抗期がひどかったので、お母さんと仲良くしなって言いたいです」(北山)、「ダンスシーンの撮影があり、未経験で大変だったので、何があってもいいように常に準備していなさい」(中山)など思い思いの答えが飛び出す中、峯岸は「7年前はAKBもどうなるかわからなかったですし、自分がいつまでAKBにいるかも考えていなかったので、まさか同期が全員辞めて行き、小島さん(陽菜)と私の2人が残るなんて思ってもいなかったです(笑)。7年前から計画的に人生設計をしていれば、また違う人生があったのかなって思います」と高橋みなみの卒業翌日なだけに、AKBに対する素直な気持ちを告白する一幕もあった。

【関連記事】
峯岸みなみの初主演映画『女子高』のキービジュアルが解禁!
[動画]峯岸みなみ、23歳の制服姿に「薄目で見て」
[動画]峯岸みなみ初主演/映画『女子高』予告編
峯岸みなみ、伸びた髪の毛の分、私も少しずつ成長している