ドライブレコーダー(ドラレコ)は、広く知られているのに、まだ広く普及しているとは言いがたい状況のようです。しかし、ニュースなどで映像を見ると、万一に備えてそろそろ愛車に装着しようかとお考えの方も多いはず。

1

 

現在人気を集めているのは、1万5000円〜2万円、2万円以上の高価格帯モデルで、GPS、Gセンサー、HDR、地デジ対策、フルHDといったフル装備系ドラレコとなっています。

3月上旬から発売されているパイオニアの「ND-DVR10」は、フルHD(1920×1080p)画質に対応するほか、「イベント録画機能」や「駐車監視機能」が搭載されたディスプレイ一体型のドライブレコーダー。

「ND-DVR10」には、鮮明な映像に欠かせない高解像度CMOSセンサーと、ワイドに映し出す広角レンズが採用され、フルHD画質で広範囲の前方風景を撮影できることに加え、画像補正機能により鮮明な記録が可能となっています。

また、走行中に振動を検知した際に、検知前後各10秒間の映像をイベントファイルとして記録する「イベント録画機能」や、駐車中に振動や動体を検知した際に自動で録画する「駐車監視機能」も搭載。

ほかにも、高画質なフルHD画質と長時間記録できる標準画質(HD)の選択が可能で、大容量32GBのmicroSDHCカードを同梱(HD画質時、約8時間40分の連続動画保存が可能)されています。

車内にスッキリ装着できる短いアームの取付ブラケットが採用されているほか、地デジやGPSなどへの電波干渉を低減する設計など、最新ドラレコにふさわしい内容となっています。

価格はオープンですが、実勢価格は2万2000円前後となっているようです。

公式サイト:ND-DVR10 | パイオニア株式会社

(塚田勝弘)

【関連記事】

■「ドラレコ」の売れ筋は1万5000円〜2万円で、小型・高性能化がテーマ!?
http://clicccar.com/?p=364521

フルHD録画、駐車監視機能に対応するパイオニアのドラレコ「ND-DVR10」(http://clicccar.com/2016/04/10/364755/)