離婚カウンセラーが伝授する「ギクシャクした夫婦仲」を改善させる方法3つ

写真拡大

“血縁はないけれど、生活を共にする事から1番近い存在”であるといわれる夫婦関係。よく“空気のような存在”といいますよね。

時間の経過と共にお互いの存在感が変化していくことは自然な流れであるといえますね。しかし、だからといって無関心になったり、会話がなくなってしまうのは避けたいものです。

夫婦関係がギクシャクしだすと、なかなか改善するのは難しいですよね。

そこで、今回はたくさんの夫婦の相談を受けてきた夫婦問題・離婚カウンセラーの宇野夏騎さんに“ギクシャクした夫婦関係を改善するきっかけや行動”についてお聞きしました。

 

■1:思いやりのある言葉がけ

一緒に暮らしていると、お互いが存在する事が当たり前に感じるようになりますよね? 特に日本人は、お互いの存在に感謝や愛情表現をしなくなってしまう傾向があるといいます。

宇野さんによると「言わなくても分かるだろう」や「感じ取りなさいよ」という馴れ合いの感覚や流れで物事を伝えたつもりになっているとしたら注意が必要だといいます。

気遣う気持ちを怠ると、知らず知らずのうちに不満が溜まってしまうものです。結果、夫婦仲が険悪になることに……。

そんな時は、ちゃんと用件を言葉で伝えながらも相手を思いやったり、気遣う言葉をお互い掛ける事でトラブルを回避できます。まずは感謝する言葉を伝えることから始めてみましょう。

 

■2:反省したらすぐ謝る

夫婦喧嘩の後は、一時的な感情を爆発させて自己主張をしてしまう反面、時間が経ってくると気まずい想いや後悔の念も起きてきますね?

そんな反省の念を感じた時は、素直になることが大切なんだそう。「勇気を持って相手に謝る事で、短時間で起きてしまったトラブルを引き摺らない方向へ向けることが可能です」とのこと。

短時間で問題を解決することによって、時間とともに会話や笑顔が増え、トラブルが無かったかのような錯覚に持ち込むことが可能になるそうです。反省の念を感じたら、迷わず謝ってしまいましょう。

 

■3:ふたりだけの時間を大事にする

働く女性が増えているので、夫と同じようなストレスを感じると同時に、家庭では主婦という立場で、違うストレスを重ねて抱え込んでしまうことも……。

また、多忙な生活の中で、日常がマンネリ化してしまい、お互いの愛情や興味の方向にヅレが生じることもあるかと思います。すれ違いが重なると、夫婦間の仲も亀裂が生じることになりかねません。

そんな時はお互いを尊重しながらも、“一緒に過ごせる時間の使い方”や“お互いを思いやるための行動”を起こす事で、マンネリ化しない関係が続けられるといいます。

旅行や趣味など関心や興味を共有することで、年齢に応じたふたりの楽しみ方やプランを立ててみましょう。

 

いかがでしたか? 夫婦仲を円満に保つためには、違う環境で育ってきた二人が一緒になったということを理解し、お互いを受け止めるという気持ちがあることが大前提だそうです。

また、時がたっても、その時その時に合ったコミュニケーションをとること、そして、思いやりを忘れないことが重要ですね。

人生の中で長い時間を共にする夫婦だからこそ、“気遣い”と“心配り、そして”感謝“の気持ちを持って接していくことが大切なのですね。「気まずい」と感じたら、反省の気持ちや、感謝の気持ちを迷わずに伝えてみましょう。

(ライター 高瀬真澄)

 

【取材協力】

※ 宇野夏騎・・・心理学スクールにて公認心理カウンセラー資格を取得後、夫婦問題や離婚等のカウンセラーの資格も取得。対面、電話、ネット等で、専門知識と心理手法を用いて様々な状況での悩みや不安を抱くクライアントに寄り添うカウンセラーとして活動中。カウンセリングからそれぞれのメンタルケアまでをフォローする。自分自身を大切にする生き方を一緒に考えるライフステージ・カウンセラーでもある。

 

【関連記事】

※ 「ありがとう」の一言で必ずラブラブ夫婦になれる納得の調査結果

※ 逃さないで!こじれた夫婦仲をグッと良くする絶好のチャンス3つ

※ ヤバ…毎日言ってる!口にするほど「夫婦仲が壊れる」呪いのフレーズ3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 夫婦円満の秘訣は「すっぴん肌」!? 今話題の自然派化粧品の使い方

※ 夫婦で我が子の成長に感動…「いつでも子どもを見守りたい」人必見のアイテムとは

※ 夫が最近冷たくて…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 思わず胸キュン!夫が妻を「本当に可愛いな…」と思う瞬間とは

※ 冷えてる女は痩せない!医師も実践「最強の体温UP調味料」とは

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / Shutterstock