入浴中からアレ塗って!時短ヘアケアのテクニック3つ

写真拡大

ですが、シャンプーにトリートメント、ドライヤーにヘアオイルなどなど、一連のケアをするとかなりの時間を費やしてしまいます。仕事に家事に育児に介護……と忙しくしている女性にとって、毎日のヘアケアは相当な労力を使いますよね?

そこで今回は、時短で出来るヘアケアの上手なコツを3つ、時短美容家の筆者がお伝えします。

 

■コツ1:シャンプーの泡立ては毛先で

シャンプーを頭皮にそのままつけると、刺激が強すぎて抜け毛を招くことはご存じのかたもいるはず。だからこそ、しっかり泡立ててから頭皮につける必要がありますが、意外と時間と手間がかかるものです。

時短で済ませたいときには、ヘアスプレーやワックスなどが付いている毛先にシャンプーをつけて泡立つまで洗い、その泡で頭皮を洗ってみて下さい。

 

■コツ2:巻き髪はトリートメントをつけて行う

ヘアアイロンで髪を巻くとき、意外と気になるのが熱によるダメージですよね。

専門家によっては、アイロンで巻くときには何もつけないほうがイイというひともいるのですが、筆者のオススメは“洗い流さないヘアトリートメントを塗って巻く”という方法です。

トリートメントを塗る時間が時短できる上に、髪のダメージが予防できている実感があります。

ある程度湿っていたほうが髪はキレイに巻けるのも事実。トリートメントを使うことで、仕上がりキレイ&ダメージ防止に役立ちます。

 

■コツ3:入浴中にヘアオイル

髪を洗い終えてから、再び湯船に浸かっている間にヘアオイルをつけると時短ケアになります。

お風呂場から出て脱衣所でヘアオイルを塗る時間が短縮できる上に、洗髪後すぐに乾かしたほうがイイとされる髪の毛のためにも有効です。

浴室でヘアオイルを塗ってからタオルを巻いておけば、保湿効果で浸透しやすくなるというメリットも!

髪が傷んでいるときだけでなく、日常的に洗髪後にお風呂場でヘアオイルを塗るようにすれば、いつもピカピカの髪がキープできます。

 

いかがですか? 髪は“女の命“。どんなに多忙な毎日でも、髪にイイことをしたいですよね! 手軽にできることばかりですので、ぜひ今日から試してみてください。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 30女の内緒ゴト…「女性の薄毛」を防げる3つの習慣

※ あなたの健康寿命を縮めちゃう原因、1位「趣味が無い」2位は●●しない

※ うっかり食べ過ぎてない?タバコや睡眠不足よりも「お肌に悪い食品」5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 髪のケアを怠った末に…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ あなたの「すっぴん肌」大丈夫!? 美容家が「自然派化粧品」を試してみた

 

【姉妹サイト】

※ ダイエットに美肌…「パクチニスト」に朗報!パクチーのスゴイ美容効果

※ 朝食は冷蔵庫から出すだけ!「前日夜に仕込む」簡単メニュー2つ

 

【画像】

※ Ariwasabi / Shutterstock