訪日するまで日本に対して抱いてきた固定概念が訪日後に瓦解する事例は多いだろう。それが中国人であれば、なおさらだ。中国では日本についての情報がまだまだ少なく、歴史や領土を巡る対立から、日本に対して心から良い印象を持っている人は少ないであろうからだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 訪日するまで日本に対して抱いてきた固定概念が訪日後に瓦解する事例は多いだろう。それが中国人であれば、なおさらだ。中国では日本についての情報がまだまだ少なく、歴史や領土を巡る対立から、日本に対して心から良い印象を持っている人は少ないであろうからだ。

 中国メディアの武漢在線はこのほど、網易の報道を引用し、「世界でもっとも清潔だと言われる日本はどのような国なのだろうか」という疑問を抱きながら訪日したという中国人が「訪日を通じて、それまでの価値観を徹底的に覆された」と驚いた様子を紹介している。

 中国人が日本で「価値観を徹底的に覆された」のは、どのような事例を通じてだったのだろうか。記事はまず、日本と中国の違いとして、あまりにも清潔な日本の姿を紹介。「地面はまるで今洗浄したばかりかのようにキレイで、ゴミは落ちていなかった」と指摘。日本が清潔でキレイだというのは、非常に多くの中国人が抱く感想であり、逆に言えばそれだけ中国が汚いということだろう。

 さらに、日本での公共交通機関の「効率の高さ」を挙げ、時間に正確に運行がなされているため、乗り継ぎも非常に便利だったと紹介。また、日本人は職位に関係なく、非常にまじめに仕事をしていたと紹介。まるで日本人は心から仕事を愛しているかのうように、ほほ笑みをたたえながら仕事をしていたと紹介した。こうした仕事に取り組む日本人の姿は中国人とは違う点かも知れない。中国ではサービス業のスタッフであろうと、客に対する態度はあまり良いとはいえず、客がいても携帯電話をいじっているような場合もあるからだ。

 また記事は、日本人がルールを守ることにも驚いた様子を伝えている。日本ではホテルに宿泊するにあたってデポジット(保証金)を支払う必要はない。また、チェックアウトする際でも、スタッフが部屋のなかを確認して、問題がなければ退室という流れもないはずだ。中国では宿泊の際は保証金を先に支払い、チェックアウトの際も部屋の備品が盗まれていないかなどをスタッフが確認することが一般的であるため、日本の慣習は驚きだったようで、「これは日本人がルールを守り、信用できるため、ホテル側も保証金を請求する必要がないのだ」と指摘している。

 いずれの事例も日本人にとってはごく当たり前だが、中国から来た人にすれば中国にはないことばかりだ。どちらの国が住みやすいのかは、考えずとも明白であり、日本人にとっては当たり前のことでも、実は中国では得難いものであるということだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)