もしみなさんが特定の筋肉のための新しいエクササイズを学ぼうとしているのなら、ぜひ「MuscleWiki」を試してみましょう。MuscleWikiは無料で使い方も簡単で、さらに主要栄養素やカロリーの計算までしてくれるのです。

w0ts0n(Redditユーザーのnotanotherlifter)によって開発されたMuscleWikiは、インターフェースが洗練されてわかりやすい、初心者にもやさしいフィットネスリソースです。主要な筋肉群のインタラクティブマップは、私も非常に気に入っています。たとえば上腕二頭筋をクリックすると、上腕二頭筋に効果的なエクササイズのリストが表示され、GIF動画と解説を見ることができます。解説はそれほど詳細なわけではなく、拡張ライブラリもありませんが、入門としては十分だと思います。

あなたのエクササイズのゴールに応じて必要なカロリーもすぐに計算することができ、結果をすぐに主要栄養素の計算に接続することもできます。また、実際にウェイトルームでテストすることなく、安全に1回のレップで持ち上げることのできるウェイトの最大量を計算してくれる、1レップカリキュレイターもすばらしい機能です。

MuscleWikiはまだ開発途中なのですが、開発者は別のユーザーに、現在も自重トレーニングなどの追加機能を付け、データベースの拡張を行っていると話しています。スタートは順調で、いずれすばらしいリソースになりそうです。

一方、「ExRx.net」というサイトもあり、こちらは情報が詳細です。インターフェースこそあまり現代的ではありませんが、どんなフィットネスファンにもおすすめの ウェブサイトです。


MuscleWiki | w0ts0n

Stephanie Lee(原文/訳:コニャック)