第一印象が次のチャンスを左右する(shutterstock.com)

写真拡大

 なにもかもがオンラインで賄われ、恋人探しから僧侶手配まで、「人」との出会いや交流もディスプレイ越しに始まる現代。「求める/求められる側」の双方にとって、「第一印象」がもっとも重要な判断材料になっている。

 そんな第一印象が及ぼす結果に注目した、興味深い研究が報告された。

 好感度の分岐点がいったいどのあたりにあるのか? 初対面に次ぎ、2度目のデートに漕ぎつける、あるいは、漕ぎつけられないという相違の因子は何なのか?

 米カリフォルニア大学バークレー校のTanya Vacharkulksemsuk氏らが、その表層面の成果を物語る分析結果について『Proceedings of the National Academy of sciences』(3月28日号)に寄稿した。

開かれた性格を物語る四肢の見映え

 第一印象の重要性を探る研究でVacharkulksemsuk氏らがサンプルに選んだのは、男女の思惑が交差するリアルな現場だ。初対面の男女同士が4分間の制限時間で対話を交わす「スピードデート」144件を録画して、その人間模様をつぶさに解析した。

 スピードデートとは、日本の合コンやお見合いパーティーとは似て非なる、欧米主流のオフイベントだ。一対一の男女同士が制限時間内で次々と自己紹介し、複数の参加者のなかからお気に入りの相手を見つけてゆくという催しである。

 144組の御対面ビデオを観ながら、研究班は「被験者の姿勢」に焦点をしぼって評定を試みた。すると、僅か4分間の初対面お見合いだけで、「もう一度会いたい/二度目はNG」という選択肢の差が、被験者の「姿勢」の傾向から読み取れる事実が判明した。

 相手の再会願望を得られた勝ち組に共通していたのは「開放的な姿勢」だった。両手・両足の四肢がいずれも開き気味で「背筋が伸びている」点に大きな特徴が見られたという。

 このような姿勢は快活で、当人の持つ空間の広さ(大らかさ)を表わすのに奏功しているためと見立てられた。
人柄の探り合いも恋のうち!?

 一方、四肢全体があまり胴体から離れることなく、「閉じられた姿勢」を取りがちな負け組の場合はどうだったか? 勝ち組とは好対照で、その人を「小さく見せる」という損な効果、その後を左右する第一印象面でマイナスなイメージを振りまいてしまう傾向が解明された。

 数値解析でも、姿勢の「開放的スケール」が一段階高くなるたび、スピードデートの相手からYesの色よい返事をもらえる可能性が76%上昇したという。文字どおり、姿勢を正して臨めば、夢はかなうというわけか。

 さらに研究班は、携帯電話のデートアプリも分析対象に選び、異性の写真に対する反応を検証。結果、恋人志願の目的でさまざまな表情をつくるその十人十色な投稿写真群からも、「開かれた姿勢で友好的なタイプ」と「縮こまって閉じた印象を与えてしまうタイプ」の構図格差が読み取れたそうだ。

内気に見せないことが好印象のカギに

 西海岸発の研究成果をふまえて、先の研究の代表著者であるVacharkulksemsuk氏はこう締めくくる。

 「内気にみせないことがカギです。恋人募集中の人たちは志願相手の開放性に着目している傾向がありますから、見た目の社交性が大変重要だと思います」

 「もし、あなたがオンラインの写真から恋をゲットしたいのであれば、より開かれた姿勢で臨むべきでしょう」
 
 一時、「人は見た目が〜割」というフレーズが流行った。まさに、今年世間を騒がした「ショーンK、経歴詐称」なぞ、見た目の好感度、振る舞い、雰囲気が生み出した産物だろう。

 最期は中身が左右するとはいえ、堂々として自信に満ち溢れた人は誰が見てもカッコいいはず。普段の立ち振る舞いで快活なイメージを心がけることは、福を呼び込むといえる。
(文=編集部)