複雑さを複雑さのまま抱きしめるということ──プリント版最新号・特集「BODY & HEALTH」に寄せて

写真拡大

予防医学に腸内フローラ、エピジェネティクスや遺伝子編集など、いま、「身体」「ヘルスケア」に関するトピックは世に溢れ、大きな関心が寄せられている。特集「BODY & HEALTH」でそれらトピックはもちろん、未来ありうべきウェルネスにまで迫った『WIRED』日本版VOL.22(2016年4月9日発売)。刊行に寄せて、弊誌編集長が思うこと。

「複雑さを複雑さのまま抱きしめるということ──プリント版最新号・特集「BODY & HEALTH」に寄せて」の写真・リンク付きの記事はこちら

「レコメンデーションエンジン」というものがどうしても好きになれない。信用する気になれない。アルゴリズムのいいなりになってたまるか。予測不能な選択をして撹乱してやろうか。と思ったりする。ところが敵もさるもの、それは自分のなかのランダム性さえをも捉えて、ある傾向を導き出しモデル化しては、予測可能なものへと変えていく。

データが増えていけばいっただけ、ほどなくヤツは、偽装したランダム性にさえも傾向があることを見抜くだろう。個人の打てる「手」の数なんてたかが知れている。かくて、ぼくは、やがてきっとあっさりとアルゴリズムの軍門に下ることになる。偽装したランダムネスと偽装されたセレンディピティーとの戦い。我ながら、なんと不毛な。

ウェアラブルデヴァイスが可能にした身体センシングの技術も、あるいはこれに似たものかもしれない。これまで感知されることのなかった身体の傾向を24時間365日監視しながら、それは、ぼくらの知覚の一歩先を行こうとする。「30分後にあなたは眠くなります」とか「ほどなく血糖値が下がりますよ」とか。遺伝子解析を使うなら「いつかアルツハイマーになりますよ」とか。「未病」のためのレコメンデーションエンジン。それは有用なものだろうか。間違いなく有用だ。人のためになるだろうか。間違いなく、なる。人を幸せにだってするだろう。けれどもけれども。どこかが腑に落ちない。

センシングテクノロジーの進化と解析能力の爆発的な向上は、これまで見えなかった「動態」を可視化し、これまで見えなかった因果を導き出すことを可能にする。そこから見えてくるのは、ぼくらの身体であったり心であったり、ぼくらが暮らす社会であったりが、驚くほど多様で、錯綜して、複雑だということだ。見えない相関の発見は、それまでの機械論的モデルによって規定されていた因果を突き崩しては、新たな仮説を浮上させる。

近年はやりの腸内フローラといったものをめぐるマイクロバイオームの研究は、まだまだ発展途上にあるとはいえ、ぼくらの身体や世界について、確かに新たな像を見せてくれる。ぼくらの身体は100兆もの微生物がそこに寄生して生きるエコシステムなのだと、その道の権威であるマーティン・J・ブレイザー教授は、本号の特集のなかで語る。体内から微生物の多様性が失われると身体は失調する、と彼が言うとき、身体はそのまま、失われゆく「珊瑚礁」であったり「熱帯雨林」と同じものとなる。

それは単なるアナロジーではなく、身体というものが微生物を介してそのまま環境とつながっていることを考えれば、それらは実際遠くで連関しあっていると言えるし、比喩として見ても「叢=フローラ」という概念は「都市」や「コミュニティー」といったものの有りようを考える上でも有用なヒントを授けてくれる。何がどういう作用を何に対して与えているのか、その因果が見えないほど複雑に絡まりあったエコシステムとしての身体、社会、もしくは世界。

その世界の魅力は、ある種の不確実性と予測不能性にある。絶えず流動しては変転し、予期せぬことが不可解な因果によって引き起こされる世界。偶然性と一回性が支配する世界。まさに自然が、そのままの姿においてそうであるようなイメージは、すべてが分節化され断片化されては解析され、構造化されては抽象化されて合理化される、なんとも窮屈な世界に対する素晴らしい解毒剤になる。けれども、科学やテクノロジーはそれをもきっと、追い詰めて、予測可能な、確実性のある世界へと収斂させようと目論んでいるにちがいないのだ。

予測可能性は、安全、安定を手に入れるために必要不可欠な要件だったはずだ。西洋発のものに限らず、あらゆる学問は、おそらくそれを手に入れるために、星空や草木や人体を熱心に見つめては理解しようと努めてきた。そして、そこに「文化」と呼べるものを織りなしていった。

昨年刊行した「ことばの未来」(VOL.19)という特集のなかに、絶滅危惧言語のストーリーがあって、そこには、失われつつある言語のなかに動植物相に関して西洋科学よりも何百種類も多い分類があるものがあったり、ある東南アジアのヒーラーが6,500種類もの薬効成分を特定している、といったことが書かれている。分節化や合理化、分類と構造化は、何も西洋科学の特権というわけではない。けれども、どういうわけだか、6,500もの薬効を知り尽くしたヒーラーの「科学」には豊かさを感じるのに、西洋科学が目指してきたそれは、ただ世界をつまらないものへと痩せ細らせているようしか感じられなかったりする。前者と後者を分かつものが何なのか、ぼくには、いまのところ、よく分からない。

予測可能性が高まれば高まるほど人は、予測不可能性を求めるのかもしれず、逆にそれが高まれば高まるほど、今度は予測可能性を欲するようになるにちがいない。ヒトというものはおそらく、そういう意味においては極めて天邪鬼な、両義的な生き物で、そうした矛盾こそが、ぼくらの本質であるならば、それをそれとして慈しむことができなければ、きっと寂しいことになる。そして、実際ぼくらは、どこかで寂しがっているのだ。

要はバランスの問題、ということなのかもしれないけれど、複雑さを複雑さのままにおいて保持しておくこと、構造化や抽象化を行わずに身体や社会や世界の複雑さをすくいあげることが、いま以上に求められている時代はないのではないか、という気が強くする。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。