中国では今なお反日感情を持つ人が多く存在する。そうした人びとにとって日系車は日本を象徴する製品に映るようで、日系車の不買を主張する人も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では今なお反日感情を持つ人が多く存在する。そうした人びとにとって日系車は日本を象徴する製品に映るようで、日系車の不買を主張する人も少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日系車は購入しないと心に決め、中国国産車を購入したというのに、妻に「なぜ日系車なんか購入したの!」と罵られたと主張する記事を掲載。果たして本当の話かは不明だが、中国国産車を購入したはずが「日系車を購入した」として怒られたと主張する意図は、一体何だろうか。

 日本の自動車産業は世界的に大きな影響力を持つことは周知の事実だ。日本車でなくとも、トランスミッションをはじめとする部品については日本メーカーの製品を搭載しているというケースは少なくない。

 記事は、中国の消費者にとって「日系車ほど評価が別れるものはない」としたうえで、日系車ではない車を購入したとしても、それは果たして本当に「日系車ではない」といえるのだろうかと疑問をなげかけた。

 続けて、ターボチャージャーやエンジン、トランスミッションといった自動車にとって重要な部品について、日本企業が世界的に大きなシェアを有していることを指摘。当然、中国国産車や日本以外の国の自動車メーカーにも採用されていることを伝えたうえで、日本の自動車部品メーカーは世界の自動車産業に大きな影響力を持つことを指摘した。

 仮に中国の愛国者が、「日系車を購入しない」と心に誓っても、ほとんどの自動車に何らかの形で日本の製品が搭載されており、記事が「中国国産車を購入したはずが日系車を購入したとして怒られた」と主張した意図は、「日系車の不買など不毛である」と伝えようとしたものと推測される。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)