<スタジオアリス女子オープン 2日目◇9日◇花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(6,293ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー第6戦『スタジオアリス女子オープン』2日目が終了。初日3アンダー8位タイからスタートした菊地絵理香が9バーディ・ノーボギーのラウンドでコースレコードとなる“63”を叩き出し、トータル12アンダーでツアー2勝目に王手をかけた。
大会2日目をライブフォトで振り返る!
 3打差・トータル9アンダーで2位には申ジエ(韓国)。3位にはこの日“66”でラウンドしトータル8アンダーに伸ばした鈴木愛がつけている。
 トータル5アンダー・4位タイグループにはホステスプロの堀琴音、上田桃子、カン・スーヨン(韓国)。またスタジオアリス所属の吉野茜はトータル3オーバー・60位タイで予選落ちとなっている。
 以下は上位選手の2日目のコメント。
菊地絵理香(トータル12アンダー/首位)
「今日は楽しかったです。春先はあまり好きじゃないんですけど(笑)。昨年中に2勝目を挙げたかったですが、チャンスをものにできなくて。(初優勝から)1年経つのでチャンスなのでいい流れでいきたい。(最終日は)スコアを伸ばすことだけ考えればいいかな。初日、2日目と風が吹かずにグリーンが止まりやすいのでハイスコアになっている。伸ばし合いなので下からもどんどん出てくるし、私も伸ばすことだけ考えてやれば」。
申ジエ(トータル9アンダー/2位)
「今日は菊地さんがすばらしいプレーをしたと思いますし、明日一緒にプレーするのが非常に楽しみです。明日は安定的なプレーでミスを少なくできるようにしたいと思います。(ミスしない秘訣は)自分自身を信じること。自分に自信があれば、自然と集中力が高まります」。
鈴木愛(トータル8アンダー/3位)
「(序盤の)3番で2mのバーディパットが入ってくれてそこからパッティングの調子が良くなって流れを掴めました。(明日は)メンタルの持っていきかたが大事。最近は“優勝したい”という決心をしていないことが多かったので、明日はしっかりと優勝するという気持ちを決めてスタートしたい」。
上田桃子(トータル5アンダー/4位T)
「明日は天気が荒れてくれるといいと思うけど、崩れないのであればバーディ合戦になると思う。どれだけアグレッシブに出来るかが1年の課題ですし、オリンピックランキングには3勝が必要だと思うので、優勝を見据えてアグレッシブにゴルフをしたい」。
堀琴音(トータル5アンダー/4位T)
「正直もう少し伸ばせたら良かったですけど、調子自体は悪くないので明日も楽しみです。(上とは)少し差が開いていますが、諦めずに最後の最後まで全力でプレーします」。
永峰咲希(トータル4アンダー/7位タイ)
「今日はチャンスが多く、良い距離からのバーディパットが入ってくれた(67ストローク)。先週の決勝ラウンドからリーダーボードを見ないようにしている。トップ5に入ろうとして力みすぎたり、勝ちを意識しすぎたりしてしまう部分があるので。(明日は)ロングでしっかりとれればそこだけで4アンダー。ショットは悪くないので3パットしない限りボギーはないと思います」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>