既婚男性に聞いた「不倫の恋に終止符を打つ瞬間」/(Photo by Yeko Photo Studio/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】恋愛リサーチャーの真由美です。最近、私の周りでも増えてきている不倫カップル。密かに愛を育む一方で、将来が見えないと嘆く女性も少なくありません。そこで今回は、不倫中の20代〜40代男性に「もう不倫を終わりにしよう」と決意する瞬間は?という聞き込み調査を行いました。

【「不倫の恋に終止符を打つ瞬間」 関連写真】

既婚男性が、不倫の恋に終止符を打ちはじめるシグナルとは?

◆奥さんの大切さをあらためて噛みしめてしまった時


日頃マンネリだった夫婦関係。ただ、バースデーや二人の記念日、実家に帰った時など、ふとした時に奥さんの気配りや優しさを感じてしまった時。あらためて奥さんが自分にとって大切な存在と感じたら、不倫相手が物足りなくなってしまうのだとか。

「自分は恐竜とか地球とか歴史とか趣味で好きなんですけど、妻がバレンタインに恐竜の化石を発掘するタイプのチョコレートをくれた時に、あ、やっぱりすごいな、嬉しいなって思っちゃったんですよね」(31歳男性/金融)

◆さらに他の彼女ができてしまった時


恋愛体質の彼。本命の奥さんが居ながらも、興味を持った女子とはよくごはんに行くとのこと。恋愛体質の男性は基本的には寂しがり屋。でも、顔が好きで一目惚れしやすい、女子の体に一目惚れしやすい、性行為依存症・・・という男性は本当にけっこう存在します。

「自分はかなり一目惚れしやすいのが悩みです。特に体への一目惚れは人にはあまり言えないですけど、よくあるんです。夜の性行為も週4回ぐらい無いと無理なんですよね。なので奥さんの他に3人彼女がいます」(40歳男性/商社)

◆彼女が自分の存在を強く主張しはじめた時


秘密厳守の恋なだけに周囲にバレたら元も子もないハズ。しかし、愛しあっているのに交際を公にできないというストレスから、徐々に自分の存在をアピールし始めてしまう女性も少なくないと言います。

一部では「不倫中の彼女が会社の最寄り駅に突然現れて焦った。相手の迷惑を考えない彼女の行動に嫌気が刺した」(27歳男性/携帯電話会社)、「いきなり年賀状を送ってきた彼女。妻より先に気が付いたからいいもののバレていたらどうなっていたか…。即別れようと決意しました」(45歳男性/コンサル営業)という体験談も。

秘密だからゆえ燃え上がる不倫の恋ですが、女性の方が本気になりやすい傾向にあります。不倫愛を続けたいなら、冷静さを保つことが最重要なポイントと言えるでしょう。

◆彼女とのデート費用の工面が苦しくなった時


愛だの恋だの言っていても現実的な問題には勝てない今の時代。ホテル代に飲食代、彼女との会う頻度が増えれば増えるほど彼のお財布は薄くなる一方。

「お小遣いが少ないから貯金を切り崩してデート代をやりくりしているけど、限界はある」(29歳男性/流通)、「彼女の前では見栄をはっているけど家庭もあるので、ぶっちゃけそこまでお金に余裕がない」(38歳男性/航空会社)などデート代の工面もなかなか大変な様子。

よほどリッチな男性ならともかく、不倫交際は通常のカップルに以上に金銭面でも2人の協力が必要となりそうです。

◆奥さんに子供ができた時


結婚生活が長くなるにつれ、奥さんとの夜の営みも減っていくのは事実。しかし、実際に話を聞いてみると「まったくしていない訳じゃない」、「数カ月に1回はある」との回答も。

また、「奥さんとは刺激がまったくない」と嘆く一方、「いつか子供は欲しい」という切実な意見も多数ありました。

我が子の存在ができた時に改めて人生を返り、そこで今自分にとって何が一番大切か?と自問自答。その結果、別れを決断するというケースが非常に多いようです。

いかがでしたか?不倫の恋にお悩みの方は、上記を参考に、自分の行動を今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)