8日、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」から公開された予告映像に、中国の映画監督で俳優のチアン・ウェン、香港のアクションスターのドニー・イェンが登場している。

写真拡大

2016年4月8日、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」から公開された予告映像に、中国の映画監督で俳優のチアン・ウェン(姜文)、香港のアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が登場している。網易が伝えた。

【その他の写真】

今年12月公開の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は、「エピソードIII/シスの攻撃」と「エピソードIV/新たなる希望」の間のストーリーが描かれるスピンオフ作品。このほど2分弱の予告映像が公開された。

「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ監督がメガホンを取り、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズが主演。06年の「ラスト・キング・オブ・スコットランド」でアカデミー賞助演男優賞を獲得したフォレスト・ウィテカーのほか、中国からチアン・ウェン、アクションスターのドニー・イェンが出演している。

「宇宙最強」ことドニー・イェンが予告映像に登場するのは2つのシーン。1つは棒を持って兵士らの前をゆっくり歩き、武芸者特有の殺気を漂わせるもの。もう1つはその棒を操り戦う場面。ハリウッド発のSF映画とは言え、「イップ・マン」シリーズで世界を驚かせたドニーのカンフーは封印させられないようだ。

予告映像ではドニーが目を閉じて戦っているように見えるため、盲目の勇士を演じるのではないかとして、「まるで座頭市だ」と中国のネットユーザーの間で話題になっている。(翻訳・編集/Mathilda)