かゆいところを掻くともっとかゆくなるのは、なぜか?

写真拡大

体のどこかがかゆくなる。なんとなしに掻いてしまうと、どんどんかゆみは広がって、痛くなるまで掻きむしってしまう…。そうした「かゆみのメカニズム」に、いま世界の研究者たちが注目している。

「かゆいところを掻くともっとかゆくなるのは、なぜか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

かゆいのに掻いてはいけないというのは、まさに地獄だ。

ダンテが『神曲』に描いた地獄では、他者を欺いた者は「永遠のかゆみの火焔」に包まれ悶え続けるという。ギプスをしたときに生じるあのかゆみや、手が届かない体の部位のかゆみを経験したことがある人には、この気持ちがよくわかるだろう。

例えば、ウールのセーターを着た時や蚊に刺された時、あるいは漆カブレといった体のかゆみの多くは一時のもので、ほとんどのかゆみが自然に治まる。が、約10パーセントの人々が日常生活においてなんらかの慢性的なかゆみに苦しんでいるともいわれている。

掻くことで一時的な解決にはなるが、かゆみはさらにひどくなることもある。結果、もっと激しく掻きむしることになるわけで、そのあとどうなるかはご想像の通りだ。科学者はこれを「“かゆい”と“掻く”の悪循環」と呼ぶ。そして、最近になってようやく「なぜ掻くのを止められないのか」というメカニズムが解明されつつある。

掻くと「気持ち良く」なる?

まず、“かゆみがないところ”を掻く場合と“かゆいところ”を掻く場合との違いを考えてみよう。同じ“掻く”という動作だが、あなたが体験する感覚はきっとかなり違ったものになるはずだ。

「かゆみがないとき、人の感覚は“痛いもの”を痛いと感じますが、かゆみを覚えているとき、その痛みの感覚は“気持ちいい”に変わります」とカリフォルニア大学バークレー校の細胞発生生物学者ダイアナ・バウティスタは語る。ひどいかゆみは人を一時的なマゾヒストへと変貌させ、痛みが快感へと切り変わるというのだ。

脳のなかで、かゆみに反応している部位がどこかわかれば、その切り替えを司る部位を実際に観察できるようになる。2013年の研究において、体を掻いている人をfMRI(機能MRI)で観察したところ、脳内に“かゆみセンター”にあたるような部位は見あたらず、掻くという行為によって脳内の「快感や欲求などに深く関連する部位」が活性化されていることが分かった。

当たり前だが、掻いてかゆみが治まると気持ちは落ち着く。掻くことで、かゆいという不快な感覚が一時的に収まるためだ。この理由を理解するには、「かゆみと痛み」の関係性をもう少し掘り下げる必要がある。

実はつい最近まで、かゆみは「痛みの一部」と考えられていた。痛みの神経が低レヴェルで活性化されることによって起こる「軽い痛み=かゆみ」という位置づけだ。

この2つの感覚はたしかに同じ神経系経路を共有している。しかし新しい研究知見では、かゆみには「かゆみ専用」の独自の神経細胞や分子、その細胞受容体が存在することが分かってきた。

「少なくとも皮膚においては、それぞれ“かゆみ”と“痛み”で独立した経路が存在するようです」とバウティスタ氏は言う。「基本的に2つの経路は別物です。だからといって、互いに作用し合わないというわけではないのですが」

これら2つの経路の「相互作用」こそがかゆみを止めたり、または悪いほうに転ぶと掻き続けてしまうという負の連鎖を引き起こしてしまうのだ。

「悪循環」はどのようにして起こるか

この悪循環の鍵となる「相互作用」を解明しようとした研究者が、ワシントン大学かゆみ研究センター所長、発生生物学者ゾウ・フェン・チェンだ。2007年、彼の研究グループは偶然、かゆみのシグナルを伝達する脊髄内の神経細胞小集団を見い出した。この研究はのちにGRPR(ガストリン放出ペプチド受容体)という初の「かゆみ遺伝子」の発見を導いた。GRPR遺伝子は「かゆみの信号だけ」を脊髄から脳へと伝達する重要な分子と考えられた。

チェン氏の研究グループはGRPR遺伝子を欠損させたマウスを用いて(人為的に)かゆみを発生させる実験を行い、ヒスタミン分泌を促進する「48/80」と呼ばれる物質を注入することでかゆみを誘導した。その結果「GRPR遺伝子をもたないマウスは、GRPR遺伝子をもつマウスよりも、掻くという行為がはるかに少なかったのです」と、チェン氏は言う。また、遺伝子の有無にかかわらず、どちらマウスも痛みに反応したという。

皮膚を掻くことで、かゆみシグナルでなく「痛みシグナル」を脳に伝え、その伝達の過程で脊髄内の神経細胞に到達し、その結果、かゆみを抑制するようだとチェン氏は考えた。だが、痛みの信号に対する脳の反応が「“かゆい”と“掻く”の悪循環」を悪化させる場合もあるということは予測外だった。

科学誌『ニューロン』でチェン氏らの研究チームは、マウスが皮膚を掻いている時、(痛みを抑制する)脳が神経伝達物質セロトニンを生成することを示している。痛みを減らす信号が今度は脳から脊髄内に広まると、その信号は痛みを感じる神経からかゆみの強度に影響を与える神経細胞に移行するようだと、彼は指摘する。つまり“かゆみ限定”のGRPR遺伝子が発現するわけだ。

「セロトニンが痛みに伴って産生され脊髄内に入ると、GRPR遺伝子が神経を強く活性化し、かなりのかゆみを引き起こす。このメカニズムを誰も知らなかったのです」とチェン氏は言う。

現在、こうした神経メカニズムに研究者たちの注目が集まっている。実際に人が体を掻いている姿や、虫が這う写真を見るとなぜ人は突然ムズがゆくなるのかなど、解明しなければならないことはまだ山積みだ。

しかし、科学者たちは「“かゆい”と“掻く”の悪循環」を神経レヴェルでブロックできるようになる未来に近づきつつある。