アメリカでなでしこ戦のチケットがわずか10分で完売

写真拡大

 『FOXSPORTS』によると、6月2日にコロラド州コマースシティーで行われる日本女子代表(なでしこジャパン)とアメリカ女子代表の試合で用意した1万8000席が、チケット発売からわずか10分で完売したという。立見席も1000席ほど用意されるというが、それでも足りなかったようだ。

 会場のディックス・スポーティング・グッズ・パークは、MLSのコロラド・ラピッズが本拠地を置くクラブ。同メディアは同地区のサッカー熱の高まりを要因に上げている。また現地ではW杯2大会連続で決勝を戦ったチーム同士の再戦というとこで注目度が高まっているようだ。

 なでしこジャパンは今夏に行われるリオデジャネイロ五輪への出場権を逃したことで、佐々木則夫監督が退任。後任は発表されていないが、U-20日本代表の高倉麻子監督の昇格で調整が進められているものとみられる。同遠征は新体制初陣となる可能性が高い。