7日、上海ディズニーランドの開園初日のチケットは、ネットショップで正規料金の10倍以上、3899元(約6万6000円)もの高値で販売されている。

写真拡大

2016年4月7日、中国江蘇網によると、上海ディズニーランドのチケットが、ネットショップで定価の10倍で販売されている。

【その他の写真】

4月3日は中国の伝統的祝日、清明節。行楽日和のこの日、中国各地の観光地は人でごった返し、ダフ屋にとっても稼ぎ時だったようだ。北京の故宮は1日8万人までと入場制限を実施している。チケットは昼前に完売。ダフ屋は原価の5倍となる300元(約5000円)で販売していた。チケットには身分証番号が記載され、購入者本人でなければ入場できない決まりだが、入り口での確認がルーズなことを見越しての商売だという。

故宮以上のぼったくりが横行するのが上海ディズニーランドのチケットだ。6月16日の開園初日のチケットはネットショップで正規料金の10倍以上、3899元(約6万6000円)もの高値で販売されている。初日以降のチケットも2〜3倍という値がついている。(翻訳・編集/増田聡太郎)