フレッシュな風貌で男性ならずとも女性まで虜にする新進女優の山崎紘菜さん。
大泉洋さんや長澤まさみさんが出演する4月公開の実写映画『アイアムアヒーロー』と連動したdTVオリジナルドラマ『アイアムアヒーロー はじまりの日』に出演します。
日常に突如訪れた“ZQN”と呼ばれる謎の生命体に立ち向かう、緊張感あふれるサバイバルパニック作品。
Noshでは、キャピッとした魅力をふりまきながら、ときとしてZQNにおびえ、恐怖の顔を見せた体当たりの役について、そして171センチを誇る美ボディの秘密について、聞いてまいりました!

Q:本作のオファーがきたときのことを覚えていますか?
山崎紘菜(以下、山崎):『アイアムアヒーロー』自体がすごく気になっていた作品で、公開されたら絶対観ようと思っていたので、連動作品という形で携われてとてもうれしかったです。映画の序章ってどんな感じになるのかなあと想像があまりつかなかったんですが、ワクワクが膨らみました。


Q:演じたのは、アイドルの子でしたね。
山崎:バスが大好きなアイドルタレントという役です。典型的なアイドルをイメージしました。

Q:何か準備はしましたか?
山崎:アイドルって何だろうってすごく考えて。アイドルってかわいいことをすごく求められる存在だと思うので、いつ、どこの場所にいても常にかわいい仕草や女の子らしいしゃべり方をすごく心がけました。いろいろ研究したつもりです。


Q:普段の自分と重なるところはありますか?
山崎:自分にはないものばっかりでした(笑)。私はどちらかというと、かわいいよりはクールな感じに見られがちなので、その中でかわいさを作り出す作業がすごく難しかったです。

Q:クールビューティ系に見られることが多いんですね。
山崎:これまでは、クールな役が結構多くて。今回は普段の自分とは正反対の役かもしれないというくらい、自分にとっては初めてのことがたくさんありました。

Q:アイドル系も結構いけるな、と(笑)?
山崎:(笑)。いえいえ(笑)。見ている方にそう思われたらいいなとは思います。

Q:撮影中の思い出はありますか?
山崎:バスの中のシーンが多かったんですけど、ずっとバスに乗っていたから「人生でこんなにバスに乗ることはないんじゃないかなあ」って思うくらい。1日中乗っていました(笑)。


Q:ところで、作品では山崎さんのスラリとしたナイスバディにも目がいきます。普段から食事制限はしていますか?
山崎:私は食べるのが好きで、食事は我慢したくないんです。好きな食べ物は、パスタとかお寿司とか、炭水化物が大好きで(笑)。食事を我慢しない代わりに、ほかの面で頑張ろうと思ってお菓子とかジュースはやめています。あとは運動したりして、食べた分動く意識でしょうか。

Q:運動とは何系ですか?
山崎:走る! とかよりは日々のことで、地味に階段を使ったりとか。あと汗を流すのが好きなので、ヨガに通ったり、岩盤浴に行ったりとかです。食事は絶対我慢したくないので……(笑)。だって、夜眠れなくなったりしませんか? だから小さなことでも食事以外でこまめに気を使っていれば、スタイルが維持できると信じています!

前半のインタビューはここまで!
後半では、大切な人がもし○○だったら……という切実なお話を語ってもらいました。もちろん、Nosh読者へのメッセージもありますよ♡(取材・文・写真:赤山恭子)

dTVオリジナルドラマ『アイアムアヒーロー はじまりの日』は4月1日(金)より配信スタート。
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005015

衣装:トップス, スカート/MURUA(MARK-STYLER MURUA事業部 03-5447-6543)

【関連記事】

※ 妻夫木聡、3億円あったら「世界旅行とかしたいな〜!」

※ 郄橋大輔、ぶっちゃけトークを展開「現役時代から自信はあまりなかった」

※ イケメン俳優・坂口健太郎「初めて恋をしたのはナウシカ」

※ 山粼賢人と土屋太鳳は本当に付き合っているの?【教えて!稲垣芸能デスク】

※ 広瀬すず、三角関係に言及「人間どんなときでも心に嘘はつけないと思う」