ソン・フンミンが2016年の『アジアン・アウォーズ』を受賞

写真拡大

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、2016年の『アジアン・アウォーズ』を受賞した。トッテナムの公式サイトで伝えている。

▽2010年にイギリスで設立した『アジアン・アウォーズ』は、アジア圏出身でスポーツやエンターテイメント、ビジネス、社会福祉など14のカテゴリーで優れた業績を残した人物に贈られる賞だ。過去には世界的名優のジャッキーチェン氏(エンターテイメント部門)や日本出身のプロレーシングドライバーの小林可夢偉氏(スポーツ部門)などが受賞している。

▽昨シーズン、レバークーゼンの主力として活躍し、今シーズンからプレミアリーグで2位につけるトッテナムに加入したソン・フンミンは、8日にロンドンのグローブナーハウスで行われた授賞式に参加し、2016年の『アジアン・アウォーズ』を受賞した。

▽今回の受賞で改めてアジアを代表するスポーツ選手として認められたソン・フンミンは、受賞の喜びを語っている。

「『アジアン・アウォーズ』を受賞することができて本当に光栄だよ。僕は今後も多くのことを学び、ピッチでより良いプレーをする必要があると思っている。だけど、今回の受賞を本当に嬉しく思っているよ」

「僕をいつも支えているファンやクラブ、チームメート。そして、前所属の仲間たちがいつも僕を助けてくれているんだ。僕はこれからも前を向いてハードワークし、ピッチで最高のパフォーマンスを披露したい」