<マスターズ 2日目◇8日◇オーガスタナショナル・ゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 18番グリーンサイドに赤いジャケットをまとった1人の男性が立った。
フォトギャラリーで予選2日間を振り返る
 手にした紙に目を落としながら、「1977年、81年マスターズ、82年USオープン…」。今大会を最後に「マスターズ」を引退するトム・ワトソン(米国)の輝かしい記録を次々と読み上げていく。だが、その声は新帝王がグリーンに到達する遥か前に始まったスタンディングオベーションにかき消されて、いつしか聞こえなくなった。
 1977年、1981年と2度の優勝を誇る43回目のマスターズ。新帝王はオーガスタでの戦いを、穏やかな笑顔と少しの涙の中で終えた。最終18番ホール。オナーでティショットを放ったワトソンは、2打目地点に来てもオナーのままだった。「それが私が引退を決めた理由だ。若い選手たちは7番、8番アイアンで打つのに、私はずっと後ろからウッドを打つ。ここはもう私の戦う場所ではなくなった」。
 ウッドで放ったワトソンのボールは手前11ヤードに切られたピンに止まるはずもない。だが、ピン奥20メートルからのファーストパットは左側の傾斜を使って50センチに寄せて見せた。両手を広げて悔しがる66歳。最後のマスターズをトータル8オーバーで締めくくった。
 1997年の4位以降予選通過はわずかに2回。もうとっくにこのオーガスタでは戦えないことをわかっていた。「決心するには時間が掛かったが、ただ予選を通過するためだけにプレーすることはできない。予選通過だけを考えるのはツアーに入ったばかりの人間がすることだ。さようならを言う時がきたんだ」。歴代優勝者はオーガスタナショナルのメンバーとなり出場権を与えられる。だが、もう戦えないと決心した。それが、新帝王の矜持だった。
 昨年はセントアンドリュースで過去5度制した「全英オープン」に別れを告げた。これにより、すべてのメジャー大会でワトソンの姿を見ることはできなくなった。だが、フェアウェイにその姿がなくとも偉業と輝きが失われることなどない。「キャディに『これまでの私にしてくれたことにとても感謝している』と伝えた。今日はファンにも選手にも、このオーガスタナショナルのすべての人に温かく支えてもらった。素晴らしい一日だった」。
 この日、オーガスタナショナルの18番ホールはワトソンにふさわしい引退セレモニーの舞台に変わった。ホールの通称は“Holly(西洋柊)”。その花言葉の一つは「不滅の輝き」だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>