先ごろ、厚労省研究班により発表された「隠れメタボ」は、なんと全国で914万人だった。
 「研究班は、1997〜2012年に国立長寿医療研究センターが実施した40〜79歳の男女約4000人の健康調査データを分析しました。すると男性の10.9%、女性の13.6%が、BMIが25未満で腹囲もメタボの基準未満にもかかわらず、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上の異常を持つことが判明。この数字をもとに、全国で男性380万人、女性534万人の隠れメタボ患者がいると推計したのです」(健康ライター)

 つまり、現在のメタボ対策は肥満を前提にしているが、肥満ではなくても、高血糖、脂質異常などの代謝異常が重なると心臓病などのリスクが高まるということだ。
 世田谷井上病院の井上毅一理事長が言う。
 「肥満といっても、皮下脂肪が増えたわけではなく内臓脂肪がたまった状態。加えて、それが原因となって体内で様々なホルモンの分泌が亢進し、高血圧、糖尿病、脂質異常などが引き起こされる病態を総称して、メタボリックシンドロームと呼ぶのです」

 そして、メタボ検診で「内臓脂肪蓄積」の程度をチェックするための項目が腹囲だ。男性では85センチ以上、女性では90センチ以上あれば、腹部CT検査での内臓脂肪面積が100平方センチ以上あると推計される。つまりは、内臓脂肪が蓄積されていると診断されるのだ。
 日本では“肥満=メタボ”のイメージがすっかり定着してしまい、「痩せていれば心臓病や脳卒中にはならない」と安心している人が多い。それは、“メタボ”という言葉が一般に浸透したことに加え、メタボ診断基準が肥満(ウエストサイズ)を必須条件にしているからだ。血圧と血糖値の値が高くても、肥満でなければメタボではないと考えている人も多いのである。

 '07年の厚労省研究班の調査によると、BMI25以上の人とそうではない人とを比べてみると、他の危険要因が高い場合は、肥満傾向にないグループのほうが循環器病で死亡する倍率が高かったという。
 「体質的に高血糖や高血圧などを起こしやすい人は、痩せていても心臓病や脳卒中になりやすく、むしろ肥満体の人よりもリスクが高くなる可能性があるのです」(前出・健康ライター)

 太っていなくても高血圧や糖尿病の疾患が2つ以上あるという厄介な隠れメタボ。これには遺伝的要素に加え、意外な原因も考えられるという。
 山梨医科大名誉教授の田村康二氏が説明する。
 「糖尿病や高血圧は遺伝的要素が強いと言われますが、アメリカの研究では、一般的なウイルスが原因で高血圧になる可能性があるという説が有力になっています」

 これはマウスを使った一連の研究から分かったことで、「サイトメガロウイルス」というヘルペスウイルスの一種が原因とされ、世界の60〜90%の成人が感染しているという。
 「それが血管の炎症を誘引し高血圧を導いている可能性があるというのです。そこへ脂肪分の多い食事の摂取が重なると、動脈硬化を促進させ、心筋梗塞、卒中、それに腎臓病の重要なリスクファクターになるとのことです」(田村氏)

 ウイルスに感染することで高血圧を引き起こしたり、動脈の内側に脂肪が沈着して血管が固くて分厚くなり、血液の通り道が狭くなって血栓もできやすくなるというのだから恐ろしい。しかしこの場合、遺伝的要素がないため治療で治せるという。