7日、韓国メディアによると、今年7月の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを前に神戸市選挙管理委員会が公開した「投票呼びかけポスター」が、韓国で話題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年4月7日、韓国・JTBCによると、今年7月の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを前に神戸市選挙管理委員会が公開した「投票呼びかけポスター」が、韓国でも話題となっている。

ポスターには力強く正面を見つめる女子高生が写っており、横には「18歳をナメるな」、下には「あなたが動けば、社会は変わる」との言葉が書かれている。これについて、JTBCは「若年層の政治参加を促進しようとする日本の姿を端的に表している」と評価している。

一方、今月13日から総選挙が始まる韓国でも、選挙管理委員会が若年層の関心を集めるための動画を制作したが、その内容が「性的だ」として物議を醸していた。そのため、韓国内からは「日本のポスターと違い過ぎる」と指摘する声も出ているという。

この報道に、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「かっこいい。やっぱり日本は先進国だ」
「日本のそういうところはまねするべき」

「“18歳をナメるな”に同感。日本を見習いたい」
「20歳未満を投票に参加させないのなら、75歳以上の参加も禁止するべき。頭が固くなり、判断力が鈍っている可能性が高いから」

「日本は投票する価値があるようだ」
「韓国は芸能人を使ってギャグ路線で注目を集めようとする。つまり、選挙管理委員会が無能だということ。選挙管理委員会の改革に乗り出すべき」

「選挙権年齢も大事だが、一番大事なのは投票を義務化すること」
「政治的に見て日本は韓国より良い国だ。少なくとも、自国に不利になることはしない」(翻訳・編集/堂本)