パワーパフガールズが帰ってきた──最高のタイミングで!

写真拡大

90年代に人気を博したアニメ、「パワーパフガールズ」の新シリーズの放送が今月から始まる。より現実の世界を反映したストーリーを描くべく、製作者たちはチーム編成からキャラクターづくりまで、さまざまな工夫を凝らした。

「パワーパフガールズが帰ってきた──最高のタイミングで!」の写真・リンク付きの記事はこちら

わたしたちが最後に「パワーパフガールズ」と過ごしたあの頃は、いまとは違っていた。あの過ぎ去りし90年代には、「デクスターズラボ」や「エド エッド エディ」がカートゥーンネットワークを占領していた。

どの作品も、土曜の朝にアニメを観る子どもたち以外を射程にし、幅広い視聴者に向けてつくられてはいた。しかし、深みのある登場人物を生み出したり、あるいはことパワーパフガールズの主人公3人組に関して言えば、90年代の合言葉だった「ガールパワー」の域を超えようという意欲はあまり見られなかった。

だが、時代は変わった。あれから20年、「アドベンチャー・タイム」や「スティーブン・ユニバース」といったカートゥーンネットワークでも有名なアニメは、同時に最も知的なアニメでもある。また、90年代の作品の再放送だけでなく(「ダックテイル」はリメイクされる!)、若い女性ヒーローも目新しくない時代だ。つまり、いまこそ『パワーパフガールズ』が戻ってくるのに最高のタイミングなのだ。

パワーパフガールズの原作者であるクレイグ・マクラッケンから制作を引き継いだ総監督のニック・ジェニングス(「アドベンチャー・タイム」、「スポンジ・ボブ」)と共同監督のボブ・ボイル(「ぼくはクラレンス!」、「Oops!フェアリー・ペアレンツ」)は新たな視聴者層に訴えるアニメをつくるべく、ガールズの3人を時代に即した多面的なヒーローとして描いた。

「オリジナルは安直なコメディーで、ストーリーもモンスターと戦うだけのものでした」と、ジェニングスは話す。「近年のアニメの多くは、登場人物たちにもっとフォーカスしています」

パワーは誰のもの?

変化は物語の冒頭から明らかだ。第1話では、幼稚園児だったガールズが小学生になっていることがわかる。ボイルの言うように、年齢が上がるということはさまざまな人間関係が生まれることを意味する。「仲良しグループやクラブ活動、教師たちとの人間関係や仲間からのプレッシャーなどとうまくやっていかなくてはいけません」

第2話では、ガールズの仲間割れが描かれている。バターカップとブロッサムが、どちらがバブルスと一緒に3人のお気に入りのバンドのライヴに行くかどうかで争うのだ。

前作では、ガールズ3人のキャラクターの描かれ方は、非常に“ざっくり”としたものだった。リーダー役のブロッサムに繊細なバブルス、そして喧嘩っ早いバターカップ。しかし、リメイクされた本作品では、ガールズの性格がより細かく描かれ、現実で女の子たちが直面するような問題を切り抜けていく。

家父長制の転覆は、以前からパワーパフガールズのテーマの一部だった。ガールズは、彼女たちが住むタウンズヴィルのおっちょこちょいな市長を救いながら、高笑いして現れる悪党たちを次から次へと打ち負かしてきた。それは今回も変わらないが、新シリーズではその要素をよりエスカレートさせ、子ども時代を懐かしむミレニアル世代も現代の子どもたちも共感できるつくりになっている。

「例えば、『タウンズヴィルをマンズヴィル(Mansville)にしようと企むマンボーイが、スーパーガールズの敵となる』という構図には、多くの社会的主張が込められています」と、ボイルは話す。「わたしたちはこういった問題を、大人も子どもも理解できるような文脈で扱っていきます」

パワーパフガールズは、女性キャラクターがタイトルを飾っている点で、多くの大御所アニメとは一線を画している。だが、よりフェミニズムなアニメにしていくためには、実際の制作チームに女性が多いことも役に立つ。

ジェニングスとボイルは、新シリーズでは、制作チームの50〜65パーセントほどを女性が占めていると話す。そこからは、チームの文化が反映された物語が、よりスムーズに生まれていくだろう。

「以前のアニメ業界は、ほとんど白人男性に支配されていました。けれど、時代は変わってきています。白人男性ばかりのチームでは、そういうタイプの登場人物を生み出してしまいがちになります。それでは、現代の視聴者の世界を反映した作品にはなりません」と、ジェニングスは話す。

オリジナル版のオープニングでは、童謡の『What Are Little Boys Made Of?』をもじり、ガールズは「お砂糖、スパイス、ステキなものをいっぱい」、それとこわーい「ケミカルX」でできていると語られていた。Tacocatが歌う新シリーズのオープニングも同じように始まるが、さらに、バターカップ、ブロッサム、バブルスを「寝る前に世界を救う3人の小さな女の子」と歌っている。

いままでよりも、ほんの少しパワフルになったパワフルな3人組を称えるのにぴったりのテーマ曲だ。