日本記念日協会の加瀬清志代表理事(右)から記念日登録証を受け取る浅田飴の堀内邦彦社長

写真拡大

浅田飴(東京都千代田区)は、日本記念日協会に「4月10日」を「酔い止めの日」とすることを申請し、このほど正式に登録認定されたことを明らかにした。同社ではこれを記念して2016年4月18日から「#のりもの乗ってどこ行こう」キャンペーンをスタートさせる。

旅行関連グッズなどプレゼント

浅田飴は、乗り物酔い薬「トラベロップQQ」を製造販売しており、同薬により、のりもの酔いの心配無く、家族や友達らと楽しく旅行をしてもらえればと申請を思い立ったという。ゴールデンウィークや修学旅行、夏休みといった行楽シーズンに向けて「酔(4)い止(10)め」の語呂合わせから4月10日にした。

制定記念キャンペーンでは、同社の公式()ツイッターのアカウントをフォローし、ハッシュタグ( #のりもの乗ってどこ行こう )とともに、旅行の思い出の写真やエピソードを投稿した人たちの中から抽選で旅行関連グッズなどの賞品をプレゼントする。