「第3のミルク」はコメからできる! その魅力はなに?

写真拡大

執筆:Mocosuku編集部
監修:山本ともよ(管理栄養士)

キッコーマン飲料が日本の大手メーカーとしては初めて、缶飲料の「ライスミルク」を発売してから約1年。
牛乳・豆乳に続く「第3のミルク」として登場したこのライスミルク、「なにそれ?」という方もまだ少なくないようです。
あらためて、ライスミルクの魅力とチェックしておきたい注意点をまとめました。

ライスミルクは家でつくれる


ライスミルクとは、その名の通り、お米で作ったミルク風味の飲み物。
日本ではまだなじみが薄いものの、欧米ではベジタリアンや大豆・乳アレルギーの方の代替品として長く親しまれています。

基本的な原料はお米と水だけで、植物油や食塩、砂糖などを加えることもあります。
味は、牛乳はもちろん、豆乳に比べてもさらっとしてあっさり。後味にほのかにお米の甘味を感じられます。
低カロリー・低脂肪・コレステロールフリーのため、美容やダイエット面でも注目の的。家庭でカンタンにつくれるのも魅力です。

基本的な作り方は、お米または炊いたご飯と水をミキサーで混ぜるだけ。お好みで塩やオイル、砂糖などを加えます。
そのまま氷をいれたグラスに注いで飲んだり、ホットにしても葛湯のようなとろみで体が温まります。

お米が原料なので、朝食替わりや栄養補給に飲んだり、シリアルやグラノーラなどにかけてもOK。
ココアや紅茶などの飲み物に入れたり、焼酎やラムに入れれば、マッコリ風の味わいを楽しめます。
さらに、くせのない牛乳という感覚でお菓子やケーキなどの材料に使えば、ヘルシーなスイーツとして楽しめます。

 発芽玄米でヘルシー度アップ!


ライスミルクを発芽玄米で作れば、ヘルシー度はさらにアップします。玄米は多くの魅力的な栄養素が含まれていますが、その玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米。

発芽の際に眠っていた酵素が活性化し、芽を出すために必要な栄養を内部で増やすため、玄米よりもさらに栄養価が高いのです。
発芽玄米には、ビタミン・ミネラル・食物繊維をはじめ、ストレスを抑えるといわれるGABAや、生活習慣病の予防やダイエット効果が期待できるγオリザノールなどが含まれています。
それらをドリンクで手軽に摂ることができれば、ストレスや肥満に悩める現代人の強い味方になってくれそうです。

自家製には注意点も


いいことずくめのような ライスミルクですが、家庭で手作りする場合は、以下の点に注意が必要です。

・生米から作った ライスミルクは熱を加えていないため、米のでんぷんがアルファー化しておらず、消化不良で下痢や腹痛を引き起こす場合がある

・作ったあとに室温以上の温度で放置すると食中毒菌が増殖するリスクがある
20〜50度の温度で3時間以上放置した ライスミルク は菌の増殖リスクが高くなります。作った後はなるべく早く飲むようにしましょう。


お米の国のニッポンに登場したライスミルク 。そのメリットはもちろん、デメリットもしっかり把握して楽しみたいですね。