ドラレコが売れています。GfKジャパンの発表(2016年3月8日)によると、自動車保有者におけるドライブレコーダー(ドラレコ)の認知度は97%と非常に高いものの、製品を認知しているドライバーのドラレコの保有率は16%だそうで、認知していない人を含めると保有率は知名度の割にまだ低い印象を受けます。

1

出荷台数は年々右肩上がりで拡大していて、GfKジャパンや新製品を投入したケンウッドなど、平均単価も上昇すると予測しています。

2015年1月は1万5000円〜2万円の価格帯が30%だったのが、2015年7月には45%に、2016年の予想では52%まで拡大。さらに2万円〜3万円以下の価格帯も、同時期で8%、11%、15%と着実に増えています(ケンウッド推定、予測)。

2016年以降は、フルHDを超える高画質、運転支援機能、付加価値機能といったキーワードをもとに、GPS、Gセンサー、HDR、地デジ対策、フルHDというフル装備ドラレコが人気を集めるとケンウッドでは分析しています。

そこで、登場したケンウッド「スタンダードドライブレコーダー」の「DVR-610」と「DVR-410」は、いま売れ筋となっている比較的高価格帯といえるモデル。

価格はともにオープンプライスですが、「DVR-610」の市場想定価格は2万3000円前後、「DVR-410」は2万1000円前後で、ともに3月上旬から発売。

両モデルに共通する特徴として、フルハイビジョンを超える3M(約300万画素/2304×1296)録画に対応するほか、LED信号機への対応、地上デジタル放送受信のノイズ対策もされています。

またドライバーサポート機能として、前方衝突警告、車線逸脱警告、発進遅れ警告を搭載し、警告音で知らせてくれます。

録画モードは、常時録画、手動録画、イベント録画のほか「DVR-610」は別売の電源ケーブルを使うことで長時間の駐車録画に対応。

さらに、衝撃を検知するGセンサー、位置情報を記録するGPSを搭載するほか、「DVR-610」には、記録映像をコピーできるダブルカードスロット(microSD)を用意。

ほかにも「HDR(はいダイナミックレンジ)」を「DVR-410」に、「WDR(ワイドダイナミックレンジ)」を「DVR-610」に採用することで、トンネルの出入り口付近など、急激に変化する明るさにも対応しています。

(文/写真 塚田勝弘)

「ドラレコ」の売れ筋は1万5000円〜2万円、テーマは「小型・高性能化」!?(http://clicccar.com/2016/04/09/364521/)