写真提供:タイ国政府観光庁

「バンコク国立博物館」は仏教美術に触れ、タイの歴史を学ぶことが出来る博物館。王宮広場のすぐ目の前、「国立タマサート大学」の隣に位置する広い敷地は、同類の博物館としては東南アジア最大級だ。

 
Bangkok National Museum, Bangkok *** Local Caption *** ‡∏û‡∏¥‡∏û‡∏¥‡∏ò‡∏†‡∏±‡∏ì‡∏ë‡∏™‡∏ñ‡∏≤‡∏ô‡πŇ∏´‡πà‡∏á‡∏ä‡∏≤‡∏ï‡∏¥ ‡∏û‡∏£‡∏∞‡∏ô‡∏ч∏£ ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏Ň∏£‡∏∏‡∏á‡πć∏ó‡∏û‡∏°‡∏´‡∏≤‡∏ô‡∏ч∏£写真提供:タイ国政府観光庁

建物は元々チャクリー王朝歴代の副王宮殿として建てられたもの。ラーマ5世の時代に副王制度が廃止されると、王宮内にあった公立博物館の展示品が現在の場所に移された。その後、「バンコク博物館」と名付けられて拡張・再編成され、1934年には芸術局の管理の下、「バンコク国立博物館」となった。

Bangkok National Museum, Bangkok *** Local Caption *** ‡∏û‡∏¥‡∏û‡∏¥‡∏ò‡∏†‡∏±‡∏ì‡∏ë‡∏™‡∏ñ‡∏≤‡∏ô‡πŇ∏´‡πà‡∏á‡∏ä‡∏≤‡∏ï‡∏¥ ‡∏´‡∏≠‡∏®‡∏¥‡∏•‡∏õ‡πå ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏Ň∏£‡∏∏‡∏á‡πć∏ó‡∏û‡∏°‡∏´‡∏≤‡∏ô‡∏ч∏£写真提供:タイ国政府観光庁

敷地内には多くの歴史的建物が点在し、展示室として使われている。展示品は、仏像やヒンドゥー神像などの宗教美術品から、王室ゆかりの伝統工芸品まで多種多様。歴代の王が使用した御輿や、食器や衣服など、王の身の回り品も展示され、王室の生活を知ることが出来る。中には古典楽器や、武器、王家の葬儀に使われる山車もあり面白い。

Bangkok National Museum, Silpa Bhirasri Memorial, Bangkok  *** Local Caption *** ‡∏û‡∏¥‡∏û‡∏¥‡∏ò‡∏†‡∏±‡∏ì‡∏ë‡∏™‡∏ñ‡∏≤‡∏ô‡πŇ∏´‡πà‡∏á‡∏ä‡∏≤‡∏ï‡∏¥ ‡∏®‡∏¥‡∏•‡∏õ‡πå‡∏û‡∏µ‡∏£‡∏∞‡∏®‡∏£‡∏µ ‡∏≠‡∏ô‡∏∏‡∏™‡∏£‡∏ì‡πå ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏Ň∏£‡∏∏‡∏á‡πć∏ó‡∏û‡∏°‡∏´‡∏≤‡∏ô‡∏ч∏£写真提供:タイ国政府観光庁

 

歴史館では、パネルやジオラマを使い、各時代の歴史がわかりやすく再現されている。仏教美術品のコレクションはアジア各々のスタイルを網羅。また、プッタイサワン仏殿内には国の守護仏であるシヒン仏が安置され、壁面には仏陀の生涯が壮麗に描かれている。ユネスコ記憶遺産に登録された「ラームカムヘーン王碑文」も必見だ。

Bangkok National Museum, Bangkok *** Local Caption *** ‡∏û‡∏¥‡∏û‡∏¥‡∏ò‡∏†‡∏±‡∏ì‡∏ë‡∏™‡∏ñ‡∏≤‡∏ô‡πŇ∏´‡πà‡∏á‡∏ä‡∏≤‡∏ï‡∏¥ ‡∏û‡∏£‡∏∞‡∏ô‡∏ч∏£ ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏Ň∏£‡∏∏‡∏á‡πć∏ó‡∏û‡∏°‡∏´‡∏≤‡∏ô‡∏ч∏£写真提供:タイ国政府観光庁

毎週水・木曜日の9:30からは日本人ボランティアによる無料日本語ガイドを実施。約2時間のガイドで、仏陀の生涯を描いた壁画や宗教美術品、王家の葬儀、伝統工芸品など主要展示品を案内してくれる。 詳しくはこちら>

 
また博物館入口近くのショップでは、アジア美術を中心とした美術書を販売。博物館の日本語図録もある。

アクセスはBTS「ナショナルスタジアム」駅2番出口から、タクシーで約20分。

 
バンコク国立博物館 (National Museum Bangkok)
・住所:4 Na Phrathat Rd., Phra Borommaharachawang, Phra Nakhorn, Bangkok 10200
・開館時間:9:00〜16:00(入場15:30まで)、休館:月曜日・火曜日・タイの祝日
・入場料:200バーツ