ワンコインで楽しめるデートプランまとめ

写真拡大

デートには、出費がつきもの。だけど、お金をあまりかけずに楽しいデートができたらなおいいですよね。そこで、今回はワンコインで楽しめるデートスポット&プランをいくつかまとめてみました。ぜひ参考にしみてくださいね。

■ワンコインで1日楽しめる施設

1日楽しめるテーマパークなどの大型施設って入場料が高くてそれだけで予算オーバーになってしまう事が多いですよね。しかし全国には、大規模ながらも入場無料だったり料金設定が良心的な施設がたくさんあるのです。

●井の頭自然文化園

東京都武蔵野市にある都立の動物園「井の頭自然文化園」は、大人400円で入園できます。カピバラや野鳥、ゾウのはな子など様々な動物を見ることができるほか、モルモットを抱っこできるコーナーやニホンリスの行動が間近で観察できる通り抜け型ケージもあります。さらに、魚類や両生類、水生昆虫・植物など淡水の生物を展示する「水生物館」もあり、動物好きカップルなら盛り上がること間違いなし。

動物園の帰りには、井の頭恩賜公園をぶらり散策するのもおすすめ。1日楽しみたいスポットです。

井の頭自然文化園

所在地:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
開園時間:9時30分〜17時
休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)、年末年始(12月29日〜1月1日)※一部の休園日が開園になる場合あり
アクセス:JR中央線、地下鉄東西線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」から徒歩約10

●地下鉄博物館

東京都江戸川区にある「地下鉄博物館」。地下鉄の歴史から最新技術まで“みて・ふれて・動かして”入館料210円で学習できる、電車好きの人におすすめの参加型ミュージアムです。

施設内は、地下鉄にまつわる歴史や仕組みについての展示や企画展示、図書館などが充実。実際に乗ることができる日本で初めて走った本物の電車(車両)を設置しているほか、千代田線などの揺れが体験できるシミュレーターも楽しめます。休憩コーナーでは、菓子パンやジュースなどを販売。お弁当の持ち込みもOKです。

鉄道を楽しんだあとは、少し歩いて、江戸川区自然動物園へ行ってみてはどうでしょう。レッサーパンダやオオアリクイといった動物を入場料無料で見学できますよ。

地下鉄博物館

所在地:東京都江戸川区東葛西6-3-1  東京メトロ東西線葛西駅高架下
開館時間:10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日となる場合、その翌日)、年末年始(12月30日〜1月4日)※夏休みの8月第2・3週目の月曜日は開館
アクセス:東京メトロ「葛西駅」下車すぐ

江戸川区自然動物園

所在地:東京都江戸川区北葛西3-2-1
開園時間:平日10時〜16時30分、土日祝は9時30分から営業。夏季(7月21日〜8月31日)9時30分〜16時30分
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
アクセス:東京メトロ 西葛西駅から徒歩15分

●華蔵寺公園&華蔵寺公園遊園地

群馬県伊勢崎市に位置する「華蔵寺公園」は遊園地や運動施設も併設された総合公園です。公園は、春は桜やツツジ、初夏にはハナショウブといった季節に応じた自然が楽しめるスポットとなっているほか、野外ステージやバードドーム、水生植物園といった施設も充実しています。

遊園地は入場無料となっており、アトラクションは70円〜350円という低価格設定。ワンコインで数種類以上のアトラクションが楽しめます。軽食も150円〜とお得な価格で食べられますが、公園で自然を満喫しながら手作りのお弁当を楽しむのもオススメです。

華蔵寺公園遊園地

所在地:群馬県伊勢崎市華蔵寺町1番地
営業時間:9時〜17時(3月〜11月)、9時30分〜16時30分(12月〜2月)
休園日:毎週火曜日(祝祭日の場合は営業)年末年始(12月29日〜1月1日)※4月・8月は休園日なし
アクセス:「伊勢崎駅」より約2km

■銭湯を合わせたワンコインデートプラン

デートにお風呂を取り入れて、気分をリフレッシュするデートはいかがでしょう。ワンコインで提供している温泉施設とそこから徒歩で行ける無料のスポットを合わせたプランをご紹介します。

●戸越公園&戸越銀座温泉

東京都品川区を代表する公園「戸越公園」は、池を中心に渓谷や滝、築山などの配置の中を一周する回転式庭園で、梅や桜、シャクナゲやイチョウなどの樹木が揃い、一年を通して景色を楽しめます。隣接する「文庫の森公園」に足を伸ばしてみるのもいいでしょう。こちらは、国文学資料館跡地の池や樹木など、もとからある環境資源をいかして2013年に整備された新しい公園です。園内には園内には水辺の広場、陽だまりの広場、憩いの広場などがあり、のんびりと散策が楽しめます。

「戸越公園」「文庫の森公園」の散策を楽しんだ後、徒歩で「戸越銀座温泉」へ。「戸越銀座温泉」は、大人460円で楽しめる銭湯。伝統とモダンが融合した富士山の壁画のほか、日替わりで男湯と女湯が入れ替わるのも特徴です。日曜・祝日には午前中に営業しているため、朝湯の後に散策という順番もいいかも。

戸越公園

所在地:東京都品川区豊町2-1-30
アクセス:東急大井町線「戸越公園駅」「下神明駅」から各徒歩約7分

戸越銀座温泉

所在地:東京都品川区戸越2-1-6
営業時間:月〜木・土15時〜25時、日・祝8時〜12時
休業日:金曜日
アクセス:都営浅草線「戸越」駅より徒歩3分、東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩5分

●目黒寄生虫館&光明泉

「目黒寄生虫館」は、寄生虫における標本および関連資料を約300点展示する入館無料の私立博物館です。様々な寄生虫の姿を標本や動画等で紹介。ちょっとグロテスクだけど、いままで知らなかった未知の世界にきっと驚くはず。いつもと違ったデートが楽しめます。

寄生虫館を出たら、目黒川沿いをしばらく散策し、銭湯へ向かいましょう。「光明泉」は中目黒駅の近くにある公衆浴場。炭酸泉や人工ラジウム泉などもあります。利用料は460円。25時まで営業しているため、夜の目黒川をゆっくり散歩した帰りに立ち寄るのもおすすめです。

目黒寄生虫館

所在地:東京都目黒区下目黒4-1-1
営業時間:10時〜17時
休館日:月曜日・火曜日(祝日の場合は直近の平日に休館)、年末年始
アクセス:JR山手線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急東横線「目黒駅」西口から徒歩約15分

光明泉

所在地:目黒区上目黒1丁目6番1号
営業時間:15時〜25時
休業日:不定休
アクセス:東急東横線、東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩3分

●かまぼこ博物館&小田原温泉 八里

神奈川県小田原市では、「小田原温泉 八里」と「かまぼこ博物館」へのはしごプランが楽しめます。「小田原温泉 八里」は小さな共同浴場のような温泉施設で、入浴のみなら1時間500円で楽しむことができます。露天風呂やサウナなどこだわった設備はないものの、飲泉が可能。
「かまぼこ博物館」は、かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養についてなどを楽しみながら学べる博物館。無料で入館できます。試食もできるので、入浴後に小腹がすいたらもってこい? 気に入ったらお土産に買って帰りましょう。

小田原温泉 八里

所在地:神奈川県小田原市風祭64
営業時間:10時〜18時
休業日:水曜日
アクセス:箱根登山鉄道「風祭駅」下車すぐ

かまぼこ博物館

所在地:神奈川県小田原市風祭245
営業時間:9時〜17時
アクセス:箱根登山鉄道「風祭駅」直結

■博物館をはしごして知識を深めるデートプラン

エリア内であれば、1カ所だけにとどまらずいくつかの場所を楽しむ方法もありますよね。ここでは、23区内におけるワンコインで複数の施設を楽しむプランをまとめました。

●大学の施設を楽しむプラン 米沢嘉博記念図書館&明治大学博物館

東京都千代田区では、「米沢嘉博記念図書館」と「明治大学博物館」を巡るプランが楽しめます。

「米沢嘉博記念図書館」は、明治大学付属のまんがとサブカルチャーの専門図書館。18歳以上を対象とした会員制となっており、1日の利用料金は300円(1日会員の場合)です。利用料金のみで1980年代以降のまんがやサブカルの本が1日読み放題だなんて、ネットカフェよりかなりお得じゃないでしょうか。

マンガを楽しんだ後、歩いて向かいたい「明治大学博物館」は、「刑事博物館」「商品博物館」「考古学博物館」といった長い歴史を持つ3つの博物館が統合した大学博物館。観覧は無料(一部特別展除く)です。

刑事博物館では、時代劇に出てくるような江戸時代の拷問や処刑の道具が展示されています。ギロチンや、はりつけ台など衝撃的な道具も展示されていて、思わず背筋がひんやり。考古学博物館では、50年以上にわたる人類の過去の生活や文化における調査研究の成果を公開しています。どれも興味深い博物館ばかり。彼と一緒に知識を深めちゃいましょう。

米沢嘉博記念図書館

所在地:東京都千代田区猿楽町1-7-1
営業時間:月・金14時〜20時、土日祝12時〜18時
休館日:火・水・木、年末年始、特別整理期間
アクセス:JR「御茶ノ水駅」より徒歩7分、「水道橋駅」、東京メトロ「神保町駅」より各徒歩8分

明治大学博物館

所在地:東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階
営業時間:10時〜17時
休館日:夏期休業日(8月10日〜16日)、冬季休業日(12月26日〜1月7日)※8月の土・日曜に臨時休館あり、そのほか大学の定める休日は、展示室は開室・博物館図書室、ミュージアムショップM2は閉室
アクセス:JR「御茶ノ水駅」、東京メトロ「新御茶ノ水駅」より各徒歩8分、「神保町駅」より徒歩10分

●サッカーと水道!?  日本サッカーミュージアム&東京都水道歴史館

東京都文京区では、「日本サッカーミュージアム」「東京都水道歴史館」の2施設をまわるプランが楽しめます。

サッカー好きな彼とのデートでぜひおすすめしたいのが「日本サッカーミュージアム」。常設展示では、2002年FIFAワールドカップに出場した日本代表選手が円陣を組んでいる姿を再現したコーナーも! そのほか、なでしこジャパンが活躍したFIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011優勝トロフィーや、澤穂希選手が決勝戦で着用したシューズも公開していて、サッカーファンでなくても盛り上がれそう。入館料は500円です。

「日本サッカーミュージアム」を堪能したら、歩いて4〜5分の場所にある「東京都水道歴史館」へぜひ寄ってみましょう。館内では、江戸時代の上水道で使った木桶や井戸の実物も展示。「江戸の上水井戸端」は江戸時代の井戸を再現したコーナーで、長屋の人々のおしゃべりが聞こえてきそうなくらいリアル! サッカーから水道の歴史まで、幅広く学べる一日になりそうです。

日本サッカーミュージアム

所在地:東京都文京区本郷3-10-15(サッカー通り)JFAハウス
営業時間:火〜金13時〜18時(入館は17時30分まで)、土日祝日10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
アクセス:JR、東京メトロ「御茶ノ水駅」より徒歩7分、東京メトロ・都営地下鉄「本郷三丁目駅」、東京メトロ「新御茶ノ水駅」より各徒歩9分

東京都水道歴史館

所在地:東京都文京区本郷2-7-1
営業時間:9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:毎月第4月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
アクセス:JR「御茶ノ水駅」「水道橋駅」、東京メトロ・都営地下鉄「本郷三丁目駅」、東京メトロ「新御茶ノ水駅」より各徒歩8分

■まとめ

探してみると、全国には無料だったり驚くほどの低価格で利用できるデートスポットが多くあるようです。ワンコインでも工夫次第で充実したデートプランが立てられそうですね。なお、施設によっては休館日や営業時間が異なるので、事前に確認の上、スケジュールを組んでみてくださいね。

(池亀日名子/フォルサ)