桜も満開に咲き乱れ、新しい出会いの季節。男性との飲み会や連絡先交換が増える時期でもありますよね。

お決まりの自己紹介に、毎回頭を悩ませているなんて方も多いのでは? しかし、女性のなかではお決まりの鉄板フレーズも、男性にとっては地雷化してしまうことも……。

そこで今回は、イメージコンサルタントの筆者が周りの男性陣の意見も参考に、“言いがちだけど男はドン引き”な魔のフレーズを5つご紹介します。

■1:「彼氏いない歴○年です」

もはやお決まりのセリフといえば、コレ。彼氏がいないことを匂わせておけば、男性の受けがよい……なんて思ったら大間違い!

「フリー歴まで聞いていない」「せめて“彼氏いないです”ぐらいにして欲しい」と、男性からしてみると空回りしているような印象を与えてしまうのだそう。

さらに、「いない歴があまりにも長過ぎると、何か問題があるのでは……?と変に勘ぐってしまう」という意見も。彼氏いない歴は、伏せておくのがベストかもしれません。

■2:「私、男運ないんです〜」

「彼氏いるの?」「何で別れたの〜?」お酒も入ってくると、飛び出してくるのが恋愛ネタですよね。ところが、男性からのフリを一瞬で興醒めさせてしまうのが、このフレーズ。

「幸薄い自己PRの必要はなし」「そちらにも問題があるのでは?」「男運がないと嘆く女性に、自ら歩み寄る男性はいないと思う」などと、なかなかの辛口コメントばかりが集まりました。

■3:「趣味は○○です」

自己紹介の鉄板といえば、趣味。映画鑑賞に食べ歩き、ゴルフに料理と様々ですが、男性が引いてしまう趣味も存在するようで……。

「趣味が一人呑み、車やバイクだと、ちょっと男クサく感じて引いてしまう」「よく遭遇するのが、アイドルのおっかけ女子。好きなのはいいけど、“ライブで目が合ったの!”なんて興奮ぎみに言われちゃうと……」とのご意見が。

夢見る夢子ちゃん臭がプンプン臭うと、男性ウケは散々なご様子です。

■4:「私A型なの!血液型、何型?」

趣味とセットでありがちなのが、血液型。男性にとっては、“ふ〜ん。そうなんだ“レベルのことですが、なかにはこだわる女性もいますよね。

「血液型を教えた瞬間、あ、ムリ!と言われたことがある」「血液型を聞きまくって、相性良い・悪いって学生じゃあるまいし……」などと、男性陣からのクレームが多数挙げられました。

■5:「え〜連絡先?どうしよう〜」

男性から連絡先を聞かれた際、戸惑いながら携帯片手にモジモジ……なんて女性いますよね。

そう簡単には連絡先を教えない、ガードが固い女性と好印象かと思いきや、「そんなに迷うなら、教えたくないとハッキリ言われた方がマシ」「出し惜しみ感が逆に痛々しい」と、男性はイラッと感じてしまうようです。

いかがでしたか? 男性が嫌うNGフレーズだけは避けて、ステキな出会いに繋げていきたいですね。

【関連記事】

男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!