私がモテないのはこれが原因?緊急対策方法5つ(Photo by Andrey Kiselev/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】現代には「モテそうな女性」がたくさんいますが、「なぜかモテない女性」もまだまだたくさんいることでしょう。実はモテない人にはある特徴を持っていることがわかりました。そこで今回はモテにくい人が抱えていがちなことをご紹介。しっかりチェックしてモテ女の仲間入りをしましょう。

【さらに記事を読む】お泊りデートで彼をがっかりさせない!気を付けたい5つのポイント

♥そもそも出会いの母数が限りなく少ない


「職場も学校も女の子ばかりで男性との出会い自体が少ない」という方は、出会いの母数が少ないので、モデル級に可愛かったとしても恋愛には発展しにくいのかもしれません。

モテというのはやはり男性が複数人いる状態でのみ成り立つものですし、周囲に男性がいない場合はどんなにその女性が魅力的でも恋愛には至りませんよね。

意識的に、出会いの場にどんどん出掛け、男性との出会いを増やしていきましょう。

♥話しかけられるのを待ってばかりいる


「あの人とお話をしてみたいけれど話かけてもらえないかな」と相手が話しかけるのを待っていませんか?

話しかけないままでいると、男性側は「自分に興味がまったくないんだな」と思い、興味を失ってしまいます。

女性側が話しかけるのを待ってばかりいると、男性は告白する自信を失って「他の女性」のところへ行ってしまいますので、気をつけなければなりません。

♥可愛さが逆にハードルになっている場合も


むずかしいもので、女性は美しければモテるというわけではありませんよ。

その女性があまりにも可愛いと、その可愛さが「惹きつける力」ではなく「壁」、または「ハードル」のように機能してしまい、男性が緊張しすぎてアタックできなくなってしまうのです。

こういった場合は相手の緊張をほどくことが大切。こちらからどんどんメールアドレスを聞いたり、デートに誘ってみたりしてみましょう。

壁を意識的に自分から壊すことが大切ですよ。

♥無意識のうちに周囲の女性を敵に回している場合


「可愛くて性格もいい女性」は同性からも人気なのですが、「可愛いけど性格が悪く見えがちな女性」は、実際には性格がよかったとしても同性から誤解を受け、「敵」として認識されてしまいます。

一度こうなると相手側のライバルモードを解除するのに時間がかかるのですが、その状態を放置してしまうと自分にまつわる悪い噂が男性に流れてしまうかも。

友好的に接したりその女性の恋を応援したりすることによって、「敵じゃない」ということを示すようにしましょう。

♥ファッションが奇抜すぎて男性が近寄る隙がない


ロリータやそれに近いファッションを私服にしている人の場合、どうしても男性ウケが悪くなってしまうので、自分を売り込めるマーケットが狭くなってしまいます。

もちろん、それでも彼氏ができたりはするのですが、自分の範囲内に入っていないものは対象外になりがち。

自分のファッションに隙がないと感じる方は、もう少し男性ウケを追ってみるようにしましょう。

いかがでしたか?

大切なのは今の自分をところん見つめること。

まずは自分の心と「モテ」について相談してみましょう。(modelpress編集部)