3位ダレノガレを超えた「仕草がイラつく女性芸能人」1位はあの大御所

写真拡大

誰かと話している時に、相手の仕草や態度が気になって、会話の中身よりもそっちの方が印象に残ってしまった経験ありませんか?

人は誰でも動きなどに特徴があるものですが、『WooRis』の過去記事「スマホのチラ見も!“会話中に相手に不快感を与える”仕草ベスト3」でもありましたが、ある特定の仕草や態度には、苛立ちを感じる人が多いようです。

今回『WooRis』が男女500名に「仕草にイライラする女性芸能人は誰か?」について調査しました。その結果、“態度や仕草が目障り”とマイナスイメージを持たれている人達が続々ランクイン。この結果をもとに、様々な職種の人達の声も併せて“残念なワースト3”をお伝えします。

 

■3位:ダレノガレ明美

ワースト3位に入ってしまったのは、ダレノガレ朋美さん。

「態度がでかい」「上から目線」などの声もありましたが、圧倒的に多かった意見が「何となく」。具体的な理由ではなく、「何となく嫌」なイメージが定着してしまっているようです……。

これは、自分の身近な世界にあてはめて考えると恐ろしいですよね。

一旦イメージが定着してしまうと、実際はそうでなくても(いい事をしていても)、なかなかそのイメージを覆すのは難しいという現実が浮き彫りに……。

イメージに振り回され過ぎる必要はありませんが、悪い印象になってしまうのは、当然、何か理由があるはず。

特に新たな知り合いを作る際は、最初が肝心。職場が変わったり、新たな友達が増えたりと、出会いが多いこの時期は、普段以上に気を付けた方が賢明かもしれません。

 

■2位:鈴木奈々

・「ジェスチャーはやたらオーバーだけど、中身がからっぽ」

・「声が無駄に大きく、仕草も全て下品」

・「手と指を大きく動かすので、見ていて落ち着かなく、不快」

などと、非常に不評なのが2位にランクインしたのは鈴木奈々さん。

いわゆる“おバカキャラ”として活動していますが、実際の声は「おバカキャラと思っていたが、本当にバカだった」「バカを卒業する時期を逃した」など、「実際にも頭が悪い」と感じている人が多数。

では、“おバカキャラ”と“本当に賢くない人”の違いは何でしょうか? 今回のアンケートの回答結果から考えると、鈴木さんが“賢くない”と言われてしまう原因は主に、以下の3点。

(1)同じ言葉を繰り返す

(2)話す内容が無意味

(3)仕草が無駄に激しい

あなたの周りにも、こういう人いませんか? 特に“繰り返し”や“内容が無意味”については、何か他の事に気を取られながら話していたりすると、割とありがちなパターンかも……。

他人の行動を見て、自分も戒めましょう。

 

■1位:和田アキ子

そして、見事に不名誉なワースト1位に輝いてしまったのが、和田アキ子さん。

・「態度が横柄、無神経で自分勝手」

・「頭が悪いくせに、人には偉そうに説教する」

・「独断的で、理解力がない」

などと、「偉そうな態度が嫌い」という声が多数でした。番組でのコメントや態度が、世間にこのような印象を強く与えているようですね。

しかし一方で、世の中にはこの種の特徴を持っていても嫌われない人もいます。その違いはどんなところにあるのでしょう?

様々な人にインタビューした筆者の経験上、“謙虚さも持ち合わせている”や“人の話(事情)も理解出来る”が重要だと言えそうです。実際、横柄な部分があっても、それを打ち消す“謙虚さや理解力”があれば、結果的に“あの人は偉そうなところもあるけど、本当は良い人よね”となるケースが多いのです。

人間は、年齢と共に頑固になりがちですが、人と付き合っていく上で、常に“相手への最低限の気遣い”は保ち続けたいものですね。

 

以上、いかがでしたか?

この他、神田うの、沢尻エリカ、小林麻耶などもランクイン。理由は「生意気」「わがままそう」「わざとらしい」など、いずれも辛口な意見がズラリ。もちろん、芸能人は、職業柄、あえて自分の個性を作って、過剰に演出しているところはあります。

そして、芸能人でなくても、昨今は、ブログ、SNS、読者モデルなど、自分のオリジナリティをアピール出来る場も豊富ですよね。“個性”は良いけれど、“マイナスイメージが強い”のは避けたいもの。本人に悪気がなくても、上記のような態度や仕草は、人の苛立ちを煽ってしまうようです。

人の反応ばかりを気にし過ぎる事もありませんが、あえて嫌われる可能性が高い、お伝えした様な行動は避けるのが無難でしょう。思い当たる節がある人は、ちょっと気を付けた方が良いかもしれません。

(ライター 秦野理恵)

 

 

【関連記事】

※ 3位鈴木奈々より「夫婦の秘密を暴露しそうな芸能人」意外な1位は…

※ 2位紗栄子を超えた!「子どもを可愛がらなさそうな女性芸能人」1位は

※ ゲッ…やってる!美容師から「困ったお客さん」認定されてしまう人の特徴3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「すっぴん」でママ友に笑われないために! 美容家イチオシの自然派化粧品

※ 我が子の成長を実感…!「いつまでも子どもを見守りたい」ママの強〜い味方とは

※ ママ友からの視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 蛭子能収氏の名言に学ぶ!「人間関係に疲れたら」思い出したいこと

※ 朝食べて夜グッスリ!名医が太鼓判「味噌汁は食べる睡眠薬」だった

 

【画像】

※ vectorfusionart  / Shutterstock