絶対聞けない…「ママ友の年齢」がズバリわかってしまうテク

写真拡大

ですが、面と向かって「ところで、おいくつですか?」なんて絶対に聞けないので、「あのくらいかな〜?」などと目星をつけつつ会話をしているママもいることでしょうか。

最近では、グンと若くして出産するママもいれば、俗に“高齢出産”といわれている年代になってから出産をするママもいて、“ママ友”とひとことでいっても、世代はバラバラなこともありますよね!

ところが、現在30〜40代のママに関しては、ある話題についての会話をすることで、その世代かが明確に分かってしまうそうなんです。

今回は、アスカネットが実施した「30〜40代の親に聞いた入園・入学実態調査」の驚きの結果をもとに、会話からママ友の年代がなんとな〜くわかっちゃう秘密をご紹介していきましょう。

 

■6割の親が入学デビューを経験済み!?

その“ある話題”とは、彼女たちが“入学デビュー”した事柄について。確かに、時代によって流行したモノやコトって異なりますから、昔の話を通じて女性の年齢が丸わかりになっちゃうことも。

同調査で、30〜40代の親に「ご自身の学生時代に“入学デビュー”したことはありますか?」と質問をしてみると、過半数に達する59.5%が「ある」と回答したそう!

入学デビューとは、学校に入学したと同時に何か新しいことを始めた(=デビュー)という意味ですが、いったいどんなコトをしてきた世代なのでしょうか。

さっそく、トップ3を見ていきましょう!

 

■3位:お化粧デビュー

前述の質問に対して「ある」と回答したママに「具体的にどんなコトをしましたか?」と質問してみると、9.7%は「お化粧」を選び3位に。

女性はオトナになればお化粧をするのがマナーになりますが、幼いうちはメイクに憧れこそあるものの、コスメを手に取ると母親に叱られていた経験を持つひともいるのではないでしょうか。

ですが、およそ10人に1人の女性は、学校に入学したタイミングでお化粧デビューをしている実態があるようです。

中学デビューなのか、高校デビューなのかは不明ですけれども……!

 

■2位:短いスカートデビュー

続いて、2位には10.3%が選んだ「スカートを短くする」が選ばれていました。

時代によって、女子学生のスカートの長さには流行りがありますが、今の30〜40代のママたちの時代には、スカートが短かったのが流行だったんですよね。

ママ友との会話で、学生時代のスカートの長さを聞いてみると、世代や学生時代に属していたグループのイメージが湧くかもしれません。

およそ10人に1人のママが、入学デビューとしてスカートの長さを短くすることにこだわっていたようですね!

 

■1位:携帯電話デビュー

そして、堂々1位になったのは18.3%が選んだ「携帯電話」でした。

なんと5人に1人のママが、携帯電話を入学デビューの思い出として記憶している様子。

その昔は、“携帯電話”とは名ばかりでおよそ携帯できない大きな電話もありましたが、今の30〜40代ママの時代には、名前の通り、携帯しやすい手頃な大きさの携帯電話が登場した時代と言えそうです。

「携帯電話っていつ頃から使ってる?」なんて会話から、ママ友の世代がなんとなくわかるかもしれませんね!

スマホが登場するのはもう少しあとですから、ガラケー談義で盛り上がるかもしれません。

 

■番外編:ルーズソックスに茶髪…時代によって流行も変わる

以上、現在30〜40代のママ友が入学デビューとして思い出に残っていることをご紹介しました。あなたの時代と比較して、いかがでしょうか?

ちなみに、4位以下には次のようなモノがランクインしていました。

4位:コンタクト・・・8.3%

5位:ルーズソックス・・・7.8%

6位:茶髪・・・7.5%

7位:香水・・・3.9%

8位:パーマ・・・3.6%

いずれもずらっと、時代を象徴するかのようなアイテムが勢ぞろいしていますよね。

ルーズソックスは、世代によって“たるませかた”にも流行がありましたから、同じ30〜40代ママでも、その当時の話題を出すことで世代がより明確に判明しちゃうかもしれません。

また、茶髪の流行も時代によってトレンドのカラーが変わっていたもののひとつです。学生時代にどんな髪色に憧れていたのか会話にしてみると、気になっているママ友の年齢がなんとなく発覚しそうですね。

年齢バレしたくないママにとっては、恐怖の質問になりそうですけれども……。

 

いかがでしたか? 世代によって、流行したものって大きく変わりますよね。

面と向かって年齢を聞きにくいママ友の年齢は、学生時代の話題を通じてなんとなく「●歳くらいかな!?」と目星をつけやすくなるかもしれません。

ところで、あなたの学生時代に流行したものと比較していかがでしたか?

もしかすると、あなたご自身が学生時代に憧れていたものもランクインしていたかもしれませんんね。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ いない子どもの悪口よりも!「ママ友会で嫌われる言動」圧倒的な1位は

※ 悪目立ち!保育園で先生から嫌われる「迷惑ママのトンデモない行動」3つ

※ まさに…美魔女!実年齢に驚く「40代女性芸能人」3位森高千里を上回る1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強〜い味方とは

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ マジでサロン級!「マイナス10歳」を狙える話題のツヤ髪セルフケアを体験

 

【姉妹サイト】

※ 昔はよかった…!? 夫が「今のアナタに幻滅している」NGサイン3つ

※ 朝食べて夜グッスリ!名医が太鼓判「味噌汁は食べる睡眠薬」だった

 

【参考】

※ 入園・入学実態調査 - アスカネット

 

【画像】

※ violetblue / Shutterstock