話すなキケン!「初対面の男性」にふると地雷間違いナシの話題3つ

写真拡大

別れと新たな出会いの春。新しい職場で働いたり、幼稚園・学校関係の役員になったり、おけいこ事を始めたりなど、初対面の人と出会う機会が増えますよね?

同性の女性だけでなく、男性と出会う機会も多いことでしょう。ご挨拶に続いて雑談を……と話題をふったら、「なんだか相手の男性がムッとしている?」なんて事態になったら最悪!

そこで今回は、社会人のマナー研究会(編)『社会人としての100のタブー』や『WooRis』の過去記事を参考に、“初対面の男性にふるとキケンな話題”を3つご紹介します。

 

■話題1:野球

初対面の男性に、安易にふらないほうがいい話題1つ目は、“野球”。女性にはちょっと分かりにくい感覚だけに、実はかなり注意が必要なんです。

昨今、元プロ野球選手が覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕、野球賭博問題などで世間を騒がせていますが、みなさんそれぞれの感想をお持ちかと思います。

そこで、相手もそう思っているだろうと思って、「今年の○○はダメですよね〜」「○○だけでなく、▲▲、□□も賭博行為してるなんて、ひどいですね」などと言うのは絶対にNG! 野球は熱狂的なファンの男性が多く、その一言が命取りになっちゃうかも……。

野球に限らず、サッカーなども要注意。男性が話題に出さない限り、自分からふるのは止めておいたほうが無難でしょう。

 

■話題2:宗教・政治

キケンな話題2つ目は、宗教・政治です。あえてこれらの話題をふる方はほとんどいないかと思います。

しかし、たとえば宗教。自分が無宗教だからといって、「あそこの団体は怪しい感じがしませんか」「家まで布教活動をしに来るんですよ」と、無防備に言いがちではないでしょうか。

もし、相手の人がその宗教を信仰していたら、とんでもないことになってしまいます。あらためて、初対面の人には“絶対タブー”だと心得ておきましょう。

 

■話題3:妻、子どもなどの家族関係

3つ目のキケンな話題は、妻・子どもなど家族関係です。これは意外に思った方もいらっしゃるのでは?

家族がらみの話を積極的に話したいと思う男性は少ないため、初対面の男性にぐいぐい質問するのは避けたほうがいいでしょう。

もし、その男性が奥さんとの関係がうまくいっていなかったら……? また、既婚だからといって「お子さんは?」と何気なく質問する方もいらっしゃいますが、選択的に子どもを作らない方、奥さんが不妊治療中の方、不妊治療中の末子どもを授からなかった方など、さまざまな状況があることも。

無難な話題をと思って、意外と家族の話をふりがちですので、気をつけるようにしましょう!

 

以上、初対面の男性にふるとキケンな話題をご紹介しましたが、いかがでしたか?

上記3つの話題は、男性が自分から話さない限り、こちらからふらないほうが安全かもしれませんね。

初対面の無難な話題は、天気や深刻でない最近のニュース、住んでいる場所などではないでしょうか? ご参考にしてみてくださいね。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ 絶対にムリっ!出会って3日で「友達になれない」認定されちゃうNG行為3つ

※ 知らなきゃ損!あなたの印象が決まる「初対面での挨拶」ポイント5つ

※ ゲッ…やってた!初対面で「この人、友達いなそう」認定されるヤバ女の特徴3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強〜い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 結局何が良いの!? 驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

 

【姉妹サイト】

※ もう宴席で失敗しない!「飲むお酒の量が減る」たった1つの方法

※ ダイエットに美肌…「パクチニスト」に朗報!パクチーのスゴイ美容効果

 

【参考】

※ カギは旬な話題?初対面で会話がうまくいく話題6個 - WooRis

※ 初対面でも大丈夫!会話のネタ切れを解消できるコツ4つ - WooRis

※ 社会人のマナー研究会(2006)『社会人としての100のタブー』(彩図社)

 

【画像】

※ shipfactory / Shutterstock