GT-Rと川畑真人選手がついにやりました!

1

ドリフトのギネス世界記録です。以前このサイトでもお伝えしたことがありましたが、これまでのドリフトスピードの世界最速記録は、ポーランドのドライバー、プジゴンスキー選手が、V8エンジンに積み換えられた86で記録した217km/h。このとき進入速度は256km/hだったようです。

そして、その記録を、昨年度のD1GPチャンピオン川畑真人選手が日産GT-Rに乗って塗り替えました。それも大幅に! この模様はNissan Middle EastのYouTubeアカウントで公開されています。

場所はUAEの空港です。GT-Rはこのためにスペシャルなチューンアップが施されています。左ハンドルだから輸出仕様でしょう。排気量は4.0Lにアップされ、最高出力は1380psにも達するようです。

そして、川畑選手&GT-Rが記録したドリフトスピードのギネス世界記録は304.96km/h! このときの進入速度はなんと350km/hに達したようです。ぎょええええええええええっ!

 

さて、それでは、その世紀の超高速ドリフトの模様は次のページの動画でどうぞ。

動画を見るにはこちら

さて、クルマで300km/hを出すのはさすがに初めてだったという川畑選手に話を聞いてみました。
「滑走路なので、圧迫感とかはなかったし、GT-Rは300km/hを超えても直進性がしっかりしていたので、風を切る音でスピード感を感じるくらいで、そこの怖さはあまりなかったです。でも、テスト走行で250km/h、280km/hとだんだん速度を上げていったんですけど、350km/hではいままで経験したことのない空気の力を感じましたね。

真っ直ぐ走っているときにはダウンフォースがすごくきいてるんですが、横に向けた瞬間にそれが抜けて、車体が浮き上がるような感じがする。それはもう200km/hのときとはぜんぜんちがいます。思っている以上にタイヤのグリップ感が一気になくなるんです。それは怖かったですね。あとは、スピンしてコースアウトしたりしたら、滑走路の外は砂地だったりするので、すぐに横転して、下手したら死ぬんじゃないかっていう怖さもありました」

そして、このドリフト、車速を落としたくないので、きっかけにサイドブレーキは使っていないそうです。かといってクラッチを蹴る回転の余裕は残していないので、アクセル全開のまま(!)ハンドル操作だけでドリフトに持ち込んだそうです。
スゲエエエエエエエエエ!

これまでドリフトがらみの世界記録は外国人ドライバーが記録したものばかりでしたが、やっぱり競技ドリフト発祥の地である日本のクルマ、日本のドライバーに記録を作ってほしかったと、日本人のドリフトファンならみんな思っていたと思います。

それが、GT-R&川畑真人という文句のつけようのないペアで、しかも300km/hオーバーというとてつもない記録を樹立できたことはほんとうに嬉しいですね。

(まめ蔵)

【関連記事】
「86で更新した世界最速ドリフトギネス記録217km/hはスゴくない!」(http://clicccar.com/2013/09/24/231594/

日本車&日本人ドライバーが300キロでドリフト世界最速記録を樹立!【動画】(http://clicccar.com/2016/04/08/365585/)