月に思いを馳せながらリラックス。愛媛の恵みで贅沢ケア

写真拡大 (全5枚)

ヘトヘトに疲れてしまった日こそ、心身のケアが大切。たとえば、とっておきのフェイスソープで、メイクをていねいにオフするだけでも、リフレッシュできるはず。
そこでおすすめなのが、愛媛発のアロマソープ「月夜見」。愛媛県・松山市で評判の自然療法サロン「ヴァンサンカン パンセ」と、同じく愛媛県でみかんの有機栽培を行う「無茶々園」が共同で開発した、贅沢なアロマソープです。
食べてもおいしい、愛媛が誇る恵みをブレンド
アルガン、オリーブ、ヤシ、ごま、ゆずシードなど5種類のオーガニックオイルとともに、青みかん、フェンネル、ユーカリ、ゼラニウム、レモングラス、ジンジャーなどオーガニック精油によって生まれる爽やかでみずみずしいミカンの香りをベースに、フローラルでありながらスパイシーさが残る神秘的な香りが、深いリラックスへと誘います。
愛媛県の豊かな土壌が育んだ、さまざまな作物のエッセンスから生まれた「月夜見」。夏の太陽をたっぷり浴びて育った青みかんもそのひとつです。

夏の時期に摘んだ、まだ青いみかんの果皮から抽出したオイルは、甘酸っぱいフレッシュな香り。肌と心を癒してくれる働きのあるリモネンが含まれているので、リラックス効果も抜群です。
保湿成分には、みかん畑で採れた純粋はちみつを。粘土質の赤土で育ったタケノコから採れるモウソウチクタケノコ皮エキスは、肌にハリとしなやかさを与えてくれます。
さらに、抗酸化作用に優れたオーガニックアルガンオイルやオーガニックオリーブオイルなどの美容成分もしっかり配合。毛穴の汚れをしっかり取り除きながら、透明感のある素肌へと導いてくれます。
月のように美しい真っ白な石けん
「月夜見」のもうひとつのこだわりが、作り方。厳選された成分の力を最大限引き出すため、60日から90日もの時間をかけて、じっくり冷やし固める"枠練り製法"を採用。素肌をふんわり包み込むきめ細やかな泡は、ていねいに作られている証でもあります。

「月夜見」とは、愛媛の人々と縁の深い、月の神様の名前。夜空で静かに輝く月に思いを馳せながら、肌と心をやさしくいたわってあげませんか。
[月夜見]
image via Shutterstock、photo by PIXTA