sub6

写真拡大 (全12枚)

main

買い物のひとつのツールであるネットショッピング。日用品はもちろん、洋服もネットで購入するという人が増えていますよね! 多くのアパレルが、ネット事業に力を入れ始め市場が拡大し、気軽に買いやすくなったという背景もあるのかもしれません。

数年前には店舗で選んでネットで買う「ショールーミング」が話題となりましたが、最近は、ネットで選んで店舗で買う「Webルーミング」も当たり前になってきているんだとか。

BWRITEが20代以上の女性212名に対し行った洋服の買い方についての意識調査から、おもしろい結果がわかったんです!(アンケート収集元:「Skets」)

まず初めに、「服についてどのような買い方をするか」を複数回答聞いてみたところ、やはり「『店舗』の商品から選んで『店舗』で買う」が84.4%と圧倒的な1位でした。次いで「『ネット』で調べて店舗試着なしで『ネット』で買う」が46.2%で2位という結果となりました。

sub2

さらに年代別に、さまざまな買い方のうち1番多い買い方をひとつだけ選んでもらったところ、「『ネット』で服を買う」ことが最も多いのが30代(34.5%)、次いで40代以上(33.0%)、最も少ないのが20代以下(17.5%)という結果になりました。sub5

デジタルネイティヴと呼ばれる20代以下の層が、「『ネット』で服を買う」割合が最も少ないのが意外ですよね! 特に40代以上は、ネットで洋服を買うことに抵抗がある世代かと思いきや、そうでもなく積極的にネットを利用しているようです。

今回の調査で、ネットで服を買ったことがある女性は9割近くいることが判明しましたが、年代別に見ると、わずかながら20代以下が最も高くなっています。

sub10

ということは、20代以下の若い世代はネットで服を買わないわけではなく、いろいろな買い方をするなかで、ネットよりも店舗で買うことが多いということのようです。

では、「『店舗』で試着してから『ネット』で購入する」、いわゆる「ショールーミング」をする女性はどのくらいいるのでしょうか?

sub6

「よくある」「たまにある」「まれにある」を合わせると、実に60.4%の人が「ショールーミング」を経験したことがあるという結果に。

これを年齢別に見てみると、「ショールーミング」経験者は30代が最も多く65.4%、20代以下は62.5%、40代以上は55.3%という結果になりました。

sub9

「ショールーミング」経験者に、店舗で買わずネットで購入した理由を聞いてみると、1位は「ネットのほうが安かったから」、2位は「ポイントが貯まる/使えるから」でした。

sub8

コメントを見てみると、「ネットのほうが安く、家まで届けてくれるから」(20代フルタイム勤務)、「店員が煩わしい。ネットはサイズが表示されて分かりやすいから」(30代主婦)、「買いに行く暇がないから」(40代以上フルタイム勤務)などがあり、実用的な理由が多かったのが印象的です。

逆に「『ネット』で探して比較検討した後に『店舗』で服を購入」する「Webルーミング」を経験したことがある人は、51.4%という結果に。

sub11

これを年齢別に見てみると、20代以下が62.5%、30代が55.1%、40代以上が43.6%という結果となりました。年代が下がるほど、「Webルーミング」経験者の割合が増えているということのようです。

若い世代の情報源の主体がネットだからかもしれません。

sub3

「『ネット』で買わず『店舗』で購入」した理由を聞いてみると、最も多かったのが「試着できるから/試着したいから」、次いで「最終的に見て判断したいから」という結果となりました。

sub1

コメントを見てみると、「デニムなどサイズを確かめたいから」(20代以下主婦)、「自分が着た感じを見てみたかったから」(20代以下フルタイム勤務)など、試着に関することが大半。

20代以下は、ネットで上手に情報収集してから店舗でショッピングする人が多いという結果に、堅実な若者の姿が垣間見えた気がします。

30代後半の私の場合、店舗のほうがネットよりやや多いといった感じでしょうか。試着しないでネットで購入し、結局着なかった……なんてことも多いので、「Webルーミング」を実践してみようと思います♪(和田美恵子)