日立は8日、店舗や公共施設などで接客・案内サービスを行うヒューマノイドロボット「EMIEW3」のロボットIT基盤を開発したと発表した。

 EMIEW3は人の動作やネットワークカメラとの連携で、サポートを必要とする人を見つけて自ら行動を開始できる。

 また、街頭の雑音の多い環境でも音声を認識して翻訳することで海外観光客が訪れる場所でもサービス提供が可能となる。さらに、複数のロボットを遠隔から統合的に監視・制御できることから、多拠点に配置された複数のロボット間での情報共有や引き継ぎが可能となる。

 同ロボットは、屋内サービスを行うのに実用的な身長90cm、重さ15kgの小型軽量ボディ。人と協調して移動できるように最大移動速度は時速6kmで、15mmの段差を乗り上げられる。