8日、中国のシンクタンク・中国人民大学重陽金融研究院の王文執行院長は、日本に訪れ感じたことをつづった。写真は新橋。

写真拡大

2016年4月8日、中国のシンクタンク・中国人民大学重陽金融研究院の王文(ワン・ウェン)執行院長は、日本に訪れ感じたことをつづった。環球時報が伝えた。

日本に滞在した数日間で、私は「GDP(国内総生産)以外、中国は依然として日本に全方位的に差をつけられている」と感じた。日本の街がどれだけ清潔だったのか、サービスがどれだけ良かったなどと日本をたたえるつもりはない。訪日中国人観光客が増加している現状に目を向ければ中国に何が足りないのかが分かるだろう。訪日中国人観光客の3人に1人はリピーターと言われており、帰国後皆一様に「日本は悪くない。印象はいいし物価も高くない」と語る。こうした観光客はネットユーザーからののしられることが多いが、一度冷静になるべきだろう。本当の日本に触れることで中国人は、自身に足りない点を自覚し冷静になれると思う。

日本は国土や人口で言えば決して大国ではない。それでも、かつて世界第2位の経済大国にまで躍進し、依然として世界トップクラスの経済力と技術力を持っている。中国人はこうした日本を尊重する器量を持ち合わせるべきだ。日本を尊重する心と歴史を正視しない日本に対する憎しみは共存できるはずだ。(翻訳・編集/内山)