高配当株を狙うなら、株主優待銘柄から選べ! 株主優待利回り+配当利回り5%超の アドバンスクリエイトなど3銘柄を紹介!

写真拡大

個人投資家に大人気の株主優待。最近は、株主優待がもらえるうえに、企業の株主還元策の強化による増配と株価下落で、配当利回りが3%以上になった銘柄がグンと増えた。その中から選りすぐりの3銘柄を紹介しよう!

年2回の配当に加えて人気の株主優待がある株を狙え!
株主優待狙いの買いが入るので下値リスクも小さい

 株主優待株は下がったら個人投資家の買いが入りやすいので、下値リスクが小さいという特徴がある。ただし、株主優待の権利が得られる権利確定日後に、株価はそこから下落が続くことがある。そこで、今回は株主優待の権利確定日が3月末ではない3銘柄を紹介する。3銘柄とも1年に2回の配当があるので、配当を得ながら、じっくり株主優待の権利確定日を待とう。株主優待狙いの買いが少ない今こそ、底値価格で買えるチャンスなのだ。

 カタログから選べる株主優待が人気のアドバンスクリエイト(8798)(権利確定月:9月)は、保険代理店を展開しており、安定した利益を稼いでいる。「年内の東証1部昇格が期待できる」(SBI証券の藤本誠之さん)ことから、株価上昇への期待も高い。

 レストラン割引券や株主限定カタログが人気のノバレーゼ(2128)(権利確定月:6、12月)はハウスウェディングを展開。「新規店舗の好調で利益増が続く見込み」(藤本さん)で、来期への増配期待もある。

 株主優待を含めると利回り3.9%になるティー・ワイ・オー(4358)(権利確定月:1月)は、「広告主との直取引を増加させ、利益率向上が狙える」(藤本さん)。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には「2000年からの15年間の検証でわかった!日本株の正しい儲け方」が載っている。過去15年を振り返ると、最短7年分の配当だけで投資額を全額回収できた高配当株など驚きの配当株がゾロゾロ。また、15年間ずっと右肩上がりの株も多数存在、それらには共通点があった。配当狙いや値上がり益狙いの正しい儲け方を具体的な今オススメの銘柄とともに紹介。チャートだけで売買する全勝法や積み立ての合わせワザも。

 さらに3カ月に1度の人気株500激辛診断では、今期予想だけでなく来期予想も掲載、今後3カ月間の高値&安値予測とともに「売り」「買い」をズバリ判定。ROEや配当利回り、株主優待利回りなどのランキングのほか、「割安・割高をズバリ!全3601銘柄の最新理論株価」も。

 このほか、「最高利回り5.4%の超高配当株15」「買いの株主優待株&10万円株14」「ゆうちょ銀や都銀などの配当狙い○×判定」「住宅ローンの失敗しない借り方&借り換え方」「桐谷さんの手数料&税金0円ワザ」「AKB48がNISAで株&投資信託に挑戦」など情報満載。ダイヤモンド・ザイ5月号もぜひ読んでみてほしい(アマゾン、楽天ブックスでも送料無料で発売中)。