いい男の育て方。星座別アプローチ法

写真拡大

身近にいい男がいない! でも、わざわざ探しに出かけるのも面倒。

そう思うなら、今そばにいる男性をいい男に育てるのもひとつの方法です。

ひと口に男性を育てるといっても、やり方は人によりけり。今回は、性格がハッキリでやすい12星座別の男の育て方を紹介しましょう。

12星座別男の育て方

■牡羊座の彼

競争大好きな牡羊座は、あえて他の男性と比べることが成長を促すポイント。

ただし、比べる相手には注意が必要です。元彼の話を持ち出すのは、イライラを増長するだけ。

できれば、彼よりも少し大人で、仕事のできる相手を選ぶことが、彼の「負けてたまるものか」「やってやる!」という闘争心に火をつけるコツ。

■牡牛座の彼

密かに自分のセンスに自信を持っている牡牛座。

そこをさりげなくホメることが、男としての自信を高めるキイに。

たとえば、プレゼント、着ている服、選んでくれたデートのお店など、大げさでない程度に「ステキ!」と言葉に出して、よろこんでみせて。

一緒に暮らしているなら、お金の管理を任せるのも、結婚を決意させる一歩に。

■双子座の彼

頭の回転が速く、社交的な双子座。

12星座の中でも、かなり女性慣れしたタイプと言えます。

そんな彼を自分好みに育てたいなら、まずは洗脳から。あなたの好きな趣味や遊びに巻き込み、その楽しさを存分に伝えましょう。

好奇心旺盛な彼なこと、きっとあなた以上にハマり、好みにピッタリの男へとグングン成長していくはず。

■蟹座の彼

一見頼りなさげに見えるタイプでも、蟹座の男性は、心の中に女性から甘えられたいという願望を秘めています。

彼を育てたいなら、ささいなことでもいいので頼ってみせて。求めに応じてくれたら、笑顔でお礼を。

その際「○○君ってすごく頼りになるね」という言葉もお忘れなく。これできっと彼は奮起して、どんどんいい男に!

■獅子座の彼

王者の星である獅子座は、わがままなお山の大将タイプが多め。

でも、内面は無邪気な子どものようなところがあるので、そこをくすぐってみて。

とくに彼が面白いことを言ったら、人一倍ウケるのがコツ。

あなたをもっとよろこばせたいと、ますます彼は張り切るはず。一流レストランやホテルへのエスコートをお願いするのも成長の起爆剤に。

■乙女座の彼

インテリの草食系タイプの乙女座は、見かけによらずデリケート。あまりビシビシと厳しい指摘をすると、凹んでしまうかも。

かといって、ホメても素直によろこべないところがあるのが乙女座。

そんな彼をいい男に育てるには、アドバイスの形で自分好みに調教していくのが一番です。「○○君には△より、□が合っているよ」と優しくリードを。

■天秤座の彼

バランス感覚に優れた天秤座は、つきあう相手によって自分を変えていけるタイプ。

もし、今の彼があなた好みでないとしたら、遠慮しすぎているせいかも。

もっと自分の好みを前面に押し出せば、彼もそれに合わせてくれるし、だんだんとあなた好みのいい男に育っていくはず。

ただし、ファッションのセンスに関して注文を付けるのはNG。

■蠍座の彼

マニアックで、こだわりが強い蠍座。

自分のポリシーがハッキリしているので、あなた好みに矯正していくのは大変かも。

ただ、一度ツボにハマりさえすれば、水を得た魚のようにイキイキし出す彼。

まずはふたりの妥協点を探り、彼が変わってもいいかもというラインを探ることから始めて。洋服、髪型など外側から改造していくのも効果的。

■射手座の彼

いつまでも大人になりきれない、永遠の少年のような射手座の男性。

型にハメられるのは苦手だけど、根は素直で単純なので育てるのは簡単です。

ポイントは、ヨイショすること。マイナス面はスルーし、とにかくいいところだけホメまくって。

モチベーションを上げれば上げるほど男の自信と自覚が深まり、文字通りいい男に育っていくはず。

■山羊座の彼

マジメでしっかり者の山羊座は、周囲に流されません。

女性も出しゃばりなタイプは苦手で、あれこれ口を出されると不愉快になりがち。

そんな山羊座を育てるには、時間が必要。彼に気づかれないよう小出しにしつつ、自分好みにかえていって。

服装に関しては、贈り物にしてしまうのが一番。義理堅いので、絶対に身に着けてくれます。

■水瓶座の彼

ロジカルな水瓶座は、人当たりがソフトそうに見えても手強い相手です。

頭がいいので、誰にでもあわせられるけれど、自分が納得しないとサラリとスルーする傾向が。

もちろん女性の指示にも安易には従いません。

変わってほしいことがあるなら論理立てて説明し、彼を納得させること。彼の信頼している友人の力を借りるのも手。

■魚座の彼

魚座は年齢によって育て方に差が。年下の場合は、甘えん坊なところを活用して。

ペットのように可愛がりつつ、自分好みに調教を。同年代なら「○○があっているから試したら?」とノリよく提案してみて。

年上は情をくすぐる作戦が有効。やってほしくないことをしたら涙ながらにやめて訴えると、心優しい魚座のこと、素直に従ってくれます。

春は出会いの季節。

でも、ときめく相手が見つからなくてもガッカリしないで。そんなときこそ、近くにいる男性を見直してみましょう。

ダイヤモンドの原石が眠っているかもしれませんよ。

Photo by PIXTA