『映画 聲の形』人気漫画が映画化 - 監督に「けいおん」の山田尚子、西屋太志がキャラクターデザイン

写真拡大

長編アニメーション映画『映画 聲の形(こえのかたち)』が、2016年9月17日(土)より全国の劇場で公開される。

原作は、「週刊少年マガジン」に連載され、数々の賞に輝いた大今良時による同名のベストセラー漫画『聲の形』。耳の障害によっていじめを受けるようになった少女・西宮硝子と、とある出来事が原因で孤独になっていく少年・石田将也。この2人の交流を中心に、人間の持つ孤独や絶望、そして純愛などが描かれる。

メインキャストとして、石田将也役には『千と千尋の神隠し』でハク役の入野自由、西宮硝子役には『バクマン。』で亜豆美保役の早見沙織が決定。さらに、多数の作品で活躍する人気声優の入野自由や早見沙織、悠木碧、小野賢章も追加キャストとして発表された。

監督は、TVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーション所属の山田尚子。脚本には「ガールズ&パンツァー」など大ヒットシリーズを手掛ける吉田玲子を迎え、『映画 けいおん!』『たまこラブストーリー』以来のコラボレーションが実現した。

そして、「氷菓」(12年)、TVシリーズ「Free!」(13年、14年)、『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』(15年)を手掛けた西屋太志がキャラクターデザインを務める。また、主題歌はaikoの新曲「恋をしたのは」に決定。彼女がアニメ映画の主題歌を務めるのは映画『あらしのよるに』(2005年公開)以来11年ぶりだという。

また劇場来場者には、原作者・大今良時が連載から2年ぶりに完全描き下ろした漫画を掲載したスペシャルブックが数量限定でプレゼントされる。気になる内容は、原作にも映画にもない新たなエピソードで、表紙は本作でもキャラクターデザインを務めた京都アニメーション・西屋太志が手掛けている。

主題歌はaikoが手掛けた「恋をしたのは」。公開されたPVでは、曲にのせて不器用でもどかしく、でも伝えたいことがあふれている将也と硝子の物語に思いを馳せることができる仕上がりに。曲に関してaikoは「『恋をしたのは』は愛する人を想う心の底にある誰にも言えない位揺るぎない強い想いを書きました。心の中は計れないし、痛みや喜び全てを同じ気持ちで感じる事は出来ないからこそ、想う強さを書きたかったんです」とコメントしている。

【作品情報】
『映画 聲の形(こえのかたち)』
公開日:2016年9月17日(土)
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:眸一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/朝日放送/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

【ストーリー】
“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。


[写真付きで読む]『映画 聲の形』人気漫画が映画化 - 監督に「けいおん」の山田尚子、西屋太志がキャラクターデザイン

外部サイト

  • 映画『銀魂』主演・小栗旬で人気漫画を実写化 - 菅田将暉、橋本環奈、岡田将生ら出演
  • 細田守監督『時をかける少女』名古屋&大阪の映画館で上映 - 10周年を記念して再びスクリーンに
  • アニメ映画『LUPIN THE RD 血煙の石川五ェ門』大人のルパン新作、五ェ門役に浪川大輔