写真提供:タイ国政府観光局

タイの旧正月を祝うお祭りで、国内で最も重要なイベントとして親しまれている「ソンクラーン」。毎年4月13日から15日の3日間に行われ、タイの人々は家族や親しい友人らと集い、祝日を祝う。

 

お清めする伝統的な風習が転じて、現在は「水掛け祭り」に


14t-51-3©ASEAN-Japan Centre

元々は仏像や仏塔へ、また年長者の手に水をかけてお清めをするという伝統的な風習があり、近年では、それが転じて街の往来で通行人同士が水をかけ合って楽しむ“水かけ祭り”として知られるように。バンコクはもちろん、各々の地域独自のイベントで盛り上がり、これを目当てに訪れる観光客も多い。

 

バンコクでは、大規模イベントが多数開催予定


バンコクでは4月10日の「ソンクラーン」幕開けを飾るパレード「ソンクラーン・スプレンダーズ」を皮切りに、イベントが目白押し。「ソンクラーン」の歴史や各地方の伝統を描いた華やかなパレードは「マハ・ジェッサダー・ボディン宮殿」をスタートし、「ラチャダムヌンクラン通り」、「ラチャダムヌンナイ通り」、「ナプララン通り」、「マハラート通り」、「ナカラーピロム公園」を練り歩く。マーケットや人形劇の上演なども行われる。

Songkran Festival at CentralWorld, Bangkok *** Local Caption *** ‡∏õ‡∏£‡∏∞‡πć∏û‡∏ì‡∏µ‡∏™‡∏á‡∏Ň∏£‡∏≤‡∏ô‡∏ï‡πå ‡∏ó‡∏µ‡πà‡πć∏ã‡πá‡∏ô‡∏ó‡∏£‡∏±‡∏•‡πć∏߇∏¥‡∏•‡∏î‡πå ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏Ň∏£‡∏∏‡∏á‡πć∏ó‡∏û‡∏°‡∏´‡∏≤‡∏ô‡∏ч∏£写真提供:タイ国政府観光局

他に市内では、由緒ある「ソンクラーン・ウィースティカサット」がウィースティカサット通りで開催(12日から15日)。美を競う「ミス・ソンクラーン・コンテスト」の元祖として知られ、70年以上、毎年様々なイベントが行われている。また、「ソンクラーン・バンランプー」(12日から15日)では格式高い「ワット・ボウォーンニウェート」の黄金の仏像が一般向けに屋外公開。

Khao San Road写真提供:タイ国政府観光局

そして「シーロム通り」と、バックパッカーの聖地「カオサン通り」では大規模な水かけ合戦が行われ、ローカルの若者や外国人観光客で大にぎわい(13日から15日)!「サナームルアン(王宮前広場)」では「ソンクラーン」のこの期間だけ、有名な仏像「プラ・ブッタシヒン」を始めとする10体の仏像が国立博物館から運び出され、公開される(12日から14日)。

 

チェンマイやアユタヤでは、独自のイベントも


古都チェンマイの「ソンクラーン」は別名「ピーマイ・ムアン」と呼ばれ、12日から16日までの5日間開催。チェンマイの守護神とされる仏像「プラ・ブッタシヒン」に水をかけようと市民が集い、伝統舞踊や文芸芸術の上演で盛り上がる。

Songkran Festival 2006, Phra Nakhon Si Ayutthaya *** Local Caption *** ‡∏õ‡∏£‡∏∞‡πć∏û‡∏ì‡∏µ‡∏™‡∏á‡∏Ň∏£‡∏≤‡∏ô‡∏ï‡πå‡∏õ‡∏µ 2549 ‡∏à‡∏±‡∏á‡∏´‡∏߇∏±‡∏î‡∏û‡∏£‡∏∞‡∏ô‡∏ч∏£‡∏®‡∏£‡∏µ‡∏≠‡∏¢‡∏∏‡∏ò‡∏¢‡∏≤写真提供:タイ国政府観光局

世界遺産として知られる「アユタヤ歴史公園」では、ゾウと一緒に水遊びが出来るという珍しい体験が大人気(13日から15日)。「ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット」でも「ミス・ソンクラーン・コンテスト」やゾウを交えた華やかなパレードなど、様々なイベントが行われる。

 

リゾート地の「ソンクラーン」にも注目


またリゾートアイランド・プーケットを代表する「パトン・ビーチ」ではオン・ザ・ビーチの「ソンクラーン」を楽しむことができる(11日から13日)。「プラ・ブッタシヒン」像のパレードを始め、様々なショーやエンタテインメントが繰り広げられ、ビーチならではの開放的なお祭りムードを味わって。

 
こちらも合わせてCheck!
今年叶えたい旅のスタイル!お祭りにいこう〜タイ編〜