「見逃せない」スター・ウォーズ・スピンオフ第1作予告編が公開

写真拡大

スピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編が公開された。ならず者たちが主人公で、「座頭市」に出てくる盲目の侠客を思わせるキャラクターも登場する。

ルーカスフィルムは、スター・ウォーズ・シリーズで初めてのスピンオフ作品となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編を公開した。

「「見逃せない」スター・ウォーズ・スピンオフ第1作予告編が公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

ルーカスフィルムは“ティザー”として公開しているが、2分間の動画には、反乱同盟軍が宇宙要塞デス・スター用の設計図を盗み出す様子がたっぷり詰め込まれている。この強奪計画は、1977年の公開第1作である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で起こるさまざまな出来事の発端になっているものだ。

『エピソード4/新たなる希望』のオープニングクロールには、「秘密基地を発った反乱軍の宇宙船団が、邪悪な銀河帝国軍に対して初の勝利を収めた」と書かれていた。

この文章は、ローグ・ワンの寄せ集め集団が挑む今回の戦いを示している。当時の反乱同盟軍は最悪の状況にあり、独裁的な銀河帝国を何とか打ち破りたいと考えていた。

映画では、モン・モスマと思われる人物に率いられた寄せ集め軍団が、この入念な奪還計画を成功させる様子が描かれることになる。ただし、予告編を観る限り、全員がこの強奪計画の目的に忠実でいるわけではないようだ。

彼らがとても気骨があるだけでなく、ケンカ好きな“ならず者”(Rogue)集団であることも暗示されていることから、これは非常に面白く、見逃せないスター・ウォーズシリーズの物語になるはずだ。

ダース・ヴェイダーが登場するという噂もあるが、主なキャストはみな、兵士やパイロットや賞金稼ぎなど、ルーク・スカイウォーカーよりはハン・ソロに近い雰囲気をもっているという。

ドニー・イェンが演じるキャラクターにいたっては、日本の映画「座頭市」シリーズに出てくる盲目の侠客のように見える。第1作のスター・ウォーズの物語が、日本の黒澤明監督による『隠し砦の三悪人』をモチーフとしていることを思い出させる存在だ。

なお、この作品では、『博士と彼女のセオリー』に出演したフェリシティ・ジョーンズがジン・アーソ役を演じる。無謀なトラブルメーカーで、帝国軍に捕らえられた後に脱出して反乱同盟軍に身を投じる女性だ。

今後、スター・ウォーズ・シリーズではさまざまな時代を描くスピンオフ作品の制作が計画されているが、『GODZILLA ゴジラ』(2014年)のギャレス・エドワーズが監督を務める本作品は、その第1弾となる。

本作以外にも、若いころのハン・ソロを描いた作品や、ボバ・フェットにスポットを当てた作品が計画中だ。また、ユアン・マクレガーが演じるオビ=ワン・ケノービを中心とする3部作の制作も噂されている。

ローグ・ワンは、米国では2016年12月のクリスマスに公開される予定だ。

INFORMATION

『WIRED』が贈る、「スター・ウォーズ」特設ページ公開中!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をもっと楽しむべく、『WIRED』日本版VOL.18「スター・ウォーズ」特集のコンテンツとウェブでしか読めないストーリーを公開! SWを生み出したILMの40年史を辿る貴重な証言集、新「スター・ウォーズ」を担うことになった6人の猛者たちへのインタヴュー、監督J.J.エイブラムスの真髄に迫る論考…and more!