もし小倉昌男が生きていればどうなったか(写真はイメージ)

写真拡大 (全3枚)

 現代のインフラとも呼ばれる宅配便ビジネス。その最大手であるヤマトの「宅急便」を創設した小倉昌男氏の知られざる素顔に迫った『小倉昌男 祈りと経営』(森健・著)と今日の宅配業界の実態や問題点に迫った『仁義なき宅配』(横田増生・著)。話題書著者2人による異色対談の第3回は、宅配ビジネスの今後の展望がテーマとなった。(全3回中、第3回)

──小倉昌男は1995年にヤマトの経営から退き、2005年に亡くなります。彼の晩年の謎に迫ったのが森さんのご著書だとすると、引退後、激変していった宅配便業界の現状を記したのが横田さんのご著者だといえます。その変化をもたらしたのが、2000年に日本での業務を開始したアマゾンをはじめ、通販業界によるECビジネスの成長です。横田さんのご著書のテーマである、宅配業界の価格競争によるシェア争いの現状を見ると、「サービスが先、利益は後」という「小倉イズム」は果たして継承されたのか、という疑問を抱いてしまいます。

森:小倉さんが退任してからのヤマトの経営陣は、会社の土台を作ってくれた人として彼を尊敬しているでしょうが、いまのビジネスに反映されているかはなんとも言えません。東日本大震災に際しての、142億円という東北への並外れた寄付は、小倉さんのDNAが息づいているという気はします。ただ、横田さんのご著書にあったような過重労働や残業代未払いの問題を見ると、「小倉イズム」がどこまで生きているのか、疑問を抱いてもおかしくない。

横田:2000年にアマゾンが日本に上陸し、宅配便業界は大きく変わりました。小倉イズムが通用したのは、彼が想定していた年間の取扱個数が数億個のレベルまで。いまやヤマトは、年間18億個の荷物を運ぼうとしています。そうなると、いくら「荷物を大切にしろ」と言われても、それを運ぶだけで精一杯。僕が潜入取材をした羽田クロノゲートも、ギリギリの運賃で利益を出しているので、「サービスが先」とはなかなか言えない状況です。正直、そうした現場を「小倉さんが見たら何と言うんだろう?」と思いました。

森:物流業界の裏側をここまで詳しく描いたのは、横田さんのご著書が初めてでしょう。宅配便の送料が、わずか10円単位で変動しただけで利益が生まれななくなることに、そして、そこまで価格競争をしないいけないくらいの状況だということに、正直、驚きました。宅配業界がゲートウェイなどの設備投資をしつつ、ギリギリの過当競争をしているのは一見無謀に見えますが、そこで占有した先行者利益を維持して逃げ切ろうと将来を見据えてのことですよね?

横田:ヤマトの前期の決算短信を見ると、取り扱う宅配便の数が前期の16億個から今期は18億個に増えるとして計画を立てているのですが、運賃単価は20円下げるというんです。つまり、ヤマトは取り扱う宅急便の個数を増やすことを目標としているんですね。その点について、僕は「送料が安すぎませんか?」とことあるごとにヤマト運輸の経営陣に訊くのですが、通販業界の「送料無料」の流れには抗えない。

森:僕も2006年に『グーグル・アマゾン化する社会』という本を書きましたが、その時点では、宅配業界にこれほどの影響を及ぼすとは思ってもいませんでした。ただ、グローバル経済の中では、規模を大きくしていくものだけが成功を続けられるという「収穫逓増の法則」を諦めた時点で、その企業は負けてしまう。その業界のシェアを独占するくらいでないとやっていけない。しかも、それに従って労働環境は悪化していく。

 1980年代の宅配業界における「動物戦争」もシェア争いではあったものの、全体の市場が増加していったからなんとかなりましたが、いまは取扱個数が増加しても、それに見合った市場にはなっていない。

横田:佐川急便は、そのシェア争いから一歩引きましたが、いまはヤマトと日本郵政が争っている。それを支える労働者にはアジア系を中心とした外国人も多い。現時点では母国より日本での賃金のほうが高いから彼らも働いていますが、アジア諸国が経済発展していく中で、日本で働いてもさほど稼げないとなったら、その仕事を誰がするのか……。

森:そう言えば、小倉さんは生前、北海道の新千歳空港をアメリカからの荷物の拠点にしようと考えていた、という話を聞いたことがあります。北海道に足繁く通っていた1980年代後半にそういうアイデアをもっていたようです。羽田や成田なんかよりアメリカに近い新千歳空港をゲートウェイにすれば、航空運賃の燃料費が抑えられると考えた。実際に取締役会で検討されたかはわかりませんが、そのような小倉さんであれば、現在のような宅配便業界のシェア争いの中でも、もっと攻めの経営をしているのではないかと思いました。

横田:たしかに、シェア争いには参加するとは思いますが、その一方で、過当競争にならないよう単価を維持していたのではないか、という気もします。いまのヤマトは、取扱個数を増やすことで生き残ろうとしていますが、それが良いことなのかは僕には疑問です。運賃を上げようという話にならないのが不思議でしょうがない。

森:たしかに、もし小倉さんなら、単に自社のことだけでなく、業界全体のことを見た経営をされているかもしれないですね。

【プロフィール】
横田増生(よこた・ますお)/1965年、福岡県生まれ。ジャーナリスト。物流業界紙『輸送経済』の記者、編集者を務めた後、1999年よりフリーランスに。著書に『仁義なき宅配』『ユニクロ帝国の光と影』などがある。

森健(もり・けん)/1968年、東京都生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学在学中からライター活動を始め、1996年よりフリーランスに。著書に『小倉昌男 祈りと経営』『「つなみ」の子どもたち』などがある。

(了)

■取材・構成/ツカダマスヒロ