6日、中国に「浮気相手撃退」という新手のビジネスが現れた。資料写真。

写真拡大

2016年4月6日、中国に「浮気相手撃退」という新手のビジネスが現れた。中国紙・参考消息が伝えた。

スペイン紙エル・パイスによると、周霞(ジョウ・シア)さん(38)はこれまで家族と立ちあげた貿易業のビジネスにすべてを捧げてきた。6歳の娘がおり、3000万ユーロ(約37億8000万円)の財産も築いた。ところが、そんな彼女は最近、夫が浮気している証拠を発見。夫とやり直すために、ネットを通して結婚問題解決を手伝ってくれる業者に助けを求めた。

これまで、夫の浮気を発見した女性は離婚を選ぶことが多かったものの、今では簡単に夫を浮気相手に譲ろうとしなくなっている。周さんもその一人で、理由は「私たちが所有しているものすべては夫と2人で築いてきたもの。夫の浮気相手にやすやすと分け与えるわけにはいかない」からだ。

周さんが助けを求めたのは夫婦関係専門の会社で、15年間に5万組の夫婦の相談に乗ってきた。支社3社を持ち、上海支社だけでも従業員50人以上を抱えている。同社は3年前に「浮気相手撃退」のサービスを打ち出し、大人気となってきた。

同社の責任者は、「15年前に会社を立ち上げた時は、夫の浮気を発見した女性の80%が離婚を選んでいた。しかし、今の女性は簡単に夫を浮気相手に譲ることはせず、やり直すために戦うことを選ぶ」と説明する。

同社で「浮気相手撃退」を担当するスタッフの80%は女性。その理由は、女性の方が説得力があり、態度も温和だからだ。電話やインターネットで1日200〜300件の問い合わせがあり、10〜15人と実際に会って相談に応じている。利用料金は、会って相談に乗る場合1時間約300ユーロ(約3万7800円)、実際に浮気相手を撃退するとなると3万ユーロ(約378万円)からと決して安くない。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)