L.A.で見つけたカラーコレクトが超優秀! ファンデと合わせると魔法のように美肌に変わる

写真拡大

明るい陽気になってきたら、自分の顔のシミが気になってきました。いつもより念入りにたっぷりとビタミンC美容液を塗らなくては......。いや、皮膚科に行ってシミ処理してもらったほうが早いかなあ...などと悩んだ挙句、とりあえずはコンシーラーで隠そうと決心。探しにいきましたが、なかなか気に入ったのはないですね。

カラーコレクトとは......

それでも「これだけの化粧品の数だ、何かはあるはず! そうでないと、きれいになれない!」と、目を皿のようにして散々探して見つけたのが、コンシーラーではなく、「ベッカ(BECCA)」(正式商品名:backlight Targeted Colour Corrector)の新商品、カラーコレクト()というもの。新しもの好きなので、ついつい試してみたくなる性格はいつものことです(笑)。

カラーコレクトは自分が色のトーンを変えたい所だけにのせ、そのうえにファンデーションをのせれば、気になる所がカバーされて目立たなくしてくれるという優れモノです。シミやくまといった気になる箇所がこれでカバーできるうちは使う価値あるでしょう。ベッカのこのシリーズからでている色はパパイヤ、ピーチ、バイオレット、ピスタチオと全部で4種あるのですが、自分の悩みに応じて色を使い分けます。

今の私には、ピスタチオよりもバイオレット

ピスタチオ(緑系)は、お肌の赤身を消すタイプ。日本にいたときは、色白すぎて頬骨のあたりの赤味が目立つお肌でしたが、こちらに来てからはすっかり縁遠くなってしまいました。ただ日焼けしすぎたときは赤くなるので、ピスタチオを使うとしたらそういうときでしょうか?

今の私には、ピスタチオよりもバイオレット(紫系)がいいかもしれません。足りないのは透明感だからです(笑)。こちらにきて連日強い日差しと乾燥に晒され続けたせいで、ファンデーションの色は、オークル系よりイエロー系のほうが合うようになりました。バイオレットをすっきりみせたいところに乗せれば、お肌のトーンを落ち着かせて、明るい透明感を出してくれます。

特殊メークじゃないよ! こんなにキレイになるの

ピーチ(ピンク系)は、ちょっと黒ずんだ部分に効くらしく、シミ隠しにつかいたいのですが、残念ながら売り切れ。みんな考えることは一緒なんですね。仕方がないので、暗いか所をカバーするのにピンク系同様、効果を発揮するというパパイヤ(オレンジ系)を使ってみることに。

試し塗りして「ええ、こんなド派手な色!」と思った、このパパイヤ色。これをお肌に塗るの? 特殊メークじゃん!(笑)。と、思っていましたが、意外や意外、目の下のクマの上など気になる沈んだ色のか所に塗ってファンデをのせると、トーンが明るくなります。いい感じのお肌の色になりますが、それは日焼けしてしまった私だから。日本人にはピーチのほうがよさげです。

BECCAのカラーコレクトは気になるか所をカバーしつつ、顔色を明るくしてくれます。パールがかっていて、さりげなくキラキラするのも気に入っています。何よりしっとりしたリップクリームのような肌触りなのも乾燥肌の私には嬉しいかぎり。ケースも可愛いですしね。

使い方ですがお肌にのせてのばすときはブラシや指を使うといいですが、指だと塗るときにけっこう指がよごれるので、専用のスプーンがついていると便利かも。

今はこのカラーコレクトシリーズの上にファンデをのせるのを楽しんでいます。次は夏にも使えそうないいアイシャドーがないか探索中です。

吉野アグネス2000年渡米。二人の女の子の母。趣味は新聞ななめ読みと面白いニュースを探すこと。最近興味があるのは活動休止後のOne Directionの行方とAmerican Ballet Theaterのプリマ、Misty Copland、共和党の大統領候補戦