写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Google Japanは、企業の組織やリーダーを対象にしたイベント「Google Atmosphere Tokyo 2016」を6月14日、15日の2日間にわたり開催、参加申し込みの受付をWeb上で開始した。

今年のテーマは、「『働く』に、無限の可能性を。Smart. Modern. Secure.」になる。マシーンラーニングや人工知能(AI)、IoT、セキュリティと幅広いデジタル先端分野を追求する同社が、"働き方"という命題に具体的なケースを紹介しながら迫る。

公式サイトには「イノベーションに必要なもの。それは、テクノロジーを使ってみんなの可能性を広げることができる、リーダーだと思う。モダンなツールで、人と人とをシームレスにつなぎ、もっと多くの仕事を、簡単に、素早くできるように。毎日の煩わしい雑務からみんなを解放し、ヒラメキがどんなときにでも生まれるように。」とのメッセージも掲げられている。

イノベーションの実践を果たしてきたGoogleは、働き方や教育関連への研究も追求している。Goolgeの研究セクションである「Research at Google」には、教育や学習をテーマにした研究結果もPDFやブログで公開されている。「Google Atmosphere Tokyo 2016」には、初等中等教育パートも用意されており、次世代のスキルを育てる方法やチームプレイヤーかつアクティブラーナーになるための手法なども紹介される。なお、教育セッションは参加日時を個別のフォームから希望時間を選択する必要があり、定員を超えた場合は抽選になる。

Atmosphere Tokyo 2016
2016 年 6 月 14 日(火)・15 日(水)
開場8:30
基調講演 9:30〜11:20
セッション11:30〜17:40(予定)
会場:六本木ヒルズ (グランドハイアット東京、アカデミーヒルズ)
申し込みWebサイト。教育向けセッションは12:00〜19:00の間の2時間、個別のAtmosphere EDUTOKYOより日時選択の上申し込み(なお参加者多数の場合抽選)

(長岡弥太郎)