5月4日にiTunes配信デビューが決まったモニカさん

写真拡大

古くから欧米では「キャンドルウィッシュ」と呼ばれるおまじないが伝わる。キャンドルには天使が宿っていて、願いを込めてキャンドルの火を吹き消すと、天使がその願いを叶えてくれる――というものだ。そんな願いごとを毎晩続けたところ、歌手デビューの夢を叶えた日本人女性がいる。

家庭向けクリーニング用品、食品保存用品、殺虫剤などの大手メーカー、ジョンソンは、「グレード アロマキャンドル」のWEB 限定動画「This Is My Wish -Special Movie-」を、2016年4月7日にYouTube のグレード公式アカウントで公開した。

主人公の女性はMonica(モニカ)さん。彼女の歌う「This Is My Wish」は5月4日にiTunes配信を開始する。

編曲者「モニカさんの歌声は素直で真っすぐ」

「This Is My Wish -Special Movie-」は、彼女の挫折と成功のストーリーを1分49秒にまとめたものだ。

モニカさんは2年前から、東京・六本木のライブハウスでシンガーとしてステージに立ってきた。「もっといろんな人の前で歌いたい」と願う彼女は毎晩、寝る前のお祈りを習慣にしていたという。

意気込んで臨んだオーディションで、彼女は惜しくも優勝を逃してしまう。「歌をやめられたら楽になるのに」と涙が止まらない。そんなとき1本のオファーの電話がかかってくる。

動画内で使用されている楽曲「This Is My Wish」は、ジョンソンの消臭芳香剤ブランド「グレード」のキャンペーンソングだ。これまで数々のアーティストによって歌い継がれてきた。その日本語アレンジ版をMonicaさんが歌う。

今回編曲を担当したKan Sano(佐野観)さんは、「モニカさんの歌声は素直で真っすぐで、『This Is My Wish』の普遍的な力強さをより引き立てている」と評価する。

光と香りで女性を癒してくれる

映像内に登場する「グレード アロマキャンドル」のゆらめく灯りは電気照明にはない趣きがあり、空間に安らぎをもたらす。動画では伝わりにくいが上品な香りも魅力の一つだ。植物から取り出した天然成分のエッセンシャルオイルを配合している。

アメリカ・ニューヨークで最も売れているアロマキャンドルなのだとか(ジョンソン調べ)。大都会で夢に向かって頑張って生きている女性が自室でリラックスしたいとき、ピッタリなアイテムかもしれない。

同商品は全5種類。「エンジェルウィスパー」はフローラルブーケの香りで、「クリーンリネン」はシトラスのツイストを効かせている。「ピュアバニラジョイ」はその名の通り透明感のあるバニラのフレグランスだ。このほか「フレッシュベリー&ワイルドラズベリー」と「ラベンダー&バニラ」がある。容量はいずれも108gで、サイズの割に時間が長く持つ。価格はオープン。