写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は現地時間の7日、中国・北京で4月25日から開催予定の「2016年北京モーターショー」(一般公開は4月29日から5月4日まで)の出展概要を発表した。

ホンダは広汽本田汽車有限公司、東風本田汽車有限公司との合同ブースで出展。2015年の上海モーターショーで公開した「Concept D」をベースとした新型SUVの市販モデルや、今年後半から中国で初めて生産するハイブリッドモデルとなる新型「アコード ハイブリッド」、新型「シビック」などを出展する。

その他、量産モデル「アコード」「VEZEL」「CR-V」、二輪車「CRF1000L Africa Twin」「NC750X」、小型ジェット機「
HondaJet(1/4モデル)」、パーソナルモビリティー「UNI-CUB β」などを展示。アキュラブランドからは、初の現地生産モデルであるコンパクトSUVのワールドプレミアを行うほか、中国で初披露となる次世代スーパースポーツモデルの新型「NSX」、さらに「RLX」「TLX」などを出展する。

(木下健児)