写真提供:マイナビニュース

写真拡大

旧暦の4月8日は、こねたものたちが日々実践する(?)哲学を作り上げた人物、
ブッダ(お釈迦様)の誕生日とされています。

日本の多くのお寺では本日、新暦の4月8日に「灌仏会(かんぶつえ)」や
「花祭り」と呼ばれる行事が開かれ、お釈迦様が生まれたときの姿を象った、
「誕生仏」という像に甘茶をかけてお祝いします。

右手で天を指し左手で地を指す誕生仏のポーズは
「天上天下唯我独尊」と唱えたときのポーズとされており、
また甘茶を注ぐのはお釈迦様に甘露の雨が降り注いだという伝説に由来するものです。

あなたや、あなたの周りの人にとって大切な日はいつでしょうか?
一人ひとり、様々な人がどのような日を大切に生きているか。
そういったところからも、それぞれの世界の捉え方が見えてくるかもしれません。

■こむぎこをこねたもの、とは?

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。現在、最新作「こむぎこをこねたもの その2」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

次回からは通常通り、毎週水曜更新予定です。

(Jecy)